第2回「焼きのり(みやま市)」

福岡の逸品紹介第2弾は,福岡県みやま市にある江の浦海苔本舗さんの「焼きのり」です!

s-S__28491779.jpg
なぜ私がこの商品を紹介したのか。
それは一番海苔本来の美味しさを味わえるから、
そして作っている方の思いが素敵だと思ったからです。

作っている方の思いを紹介するにあたって、
まず「みやま市」という場所の環境から説明したいと思います。

江の浦海苔本舗さんが日々海苔を作り続けている場所「みやま市」は
福岡、佐賀、長崎、熊本と4県をまたぎ、多くの流入河川を誇る有明海に面しています。
HPのイラストをぜひご覧ください!

有明海には、多くの山々から湧き出す水が注ぎ込むことで、
森の恵みがたっぷりと蓄えられています。
そして最大6mもある海の干満差により、
海苔は、満潮時に生み出した栄養と美味しさを干潮時に太陽の光を浴びて閉じ込めます。

これが江の浦海苔本舗さんの海苔の美味しさの秘密となっています。

そんな海苔の生産者は、元海苔漁師。
彼は現役時代に「最近の海苔の味は落ちた。」そんな噂を耳にしたそうです。
それをきっかけに「日本一海苔作りに適した海で育てられた海苔。
そして漁師が食べている海苔本来のおいしさを届けたい!」そう決意し、
有明海の磯の香りと旨みをそのまま食卓に届けるために、
江の浦海苔本舗を立ち上げたそうです。

私は初めてこれを聞いた時に、海苔の美味しさの裏には,
こんな決意があったのだと思いました。そしてこの場で紹介したいと思いました。

元海苔漁師の思いがこもった海苔。ぜひ一度ご賞味ください。