第6回「ukiha jam」(2018年10月)

福岡の特産品紹介・第6回目の今回は、うきは市の里楽(リラク)さんの
「ukiha jam」を紹介したいと思います!

IMG_4500.jpeg

里楽さんのある姫治地区と言われる場所には棚田100選に選ばれ、森林セラピーロード
散歩道にもなっている「つづら棚田」、重要文化財「平川家住宅」などがあります。


そんな古民家の点在する里山風景の中、里楽さんは築160年の古民家をリノベーションし、
ゆったりと寛げる空間を活かしたお店作りを行っています。

今回紹介する「ukiha jam」は里楽さんオリジナル加工品の一つで、
うきはで育てられた旬
の果物をたっぷりと使用したジャムです。

旬の果物を使用するからこそ、季節によって味は様々。
リンゴ、いちご、ブルーベリー、桃、和梨、巨峰、柿…いろんな季節の味を楽しめます。

私は最初にリンゴ味から試しに購入してみたのですが、美味しさに驚き、
その後、別の味も試すようになりました。
そして、今では季節の変わり目に新しい味が入ってくると、その日に
すぐ買ってしまうほど、
「ukiha jam」にはまっています。(笑)

一度食べると、果物の風味や食感がそのまま残るジャムの美味しさに夢中になるはず。

うきはの恵みがたっぷりと詰まった「ukiha jam」。
気になる方は、是非一度お試しください!