第28回 コゲラ 2021年9月

私は小鳥が大好きなのですが、中でも色んなところで会えて、見つけやすいのがコゲラです。
姿が見えなくても「ギィー」という特徴的な鳴き声ですぐに居ることが分かります。

kogera9-20-21 21.43_2.jpg
キツツキの仲間、コゲラ

広く身近に観察することができるコゲラですが、コゲラは日本にしか生息しない固有種なんです。
以前、イギリスの野鳥好きな方を公園に案内していたときに、そこで中々お目にかかれないアオゲラが飛び出してきました。私は喜んで伝えましたが、彼はちょうど同じ時に姿を現したコゲラに夢中でこちらを見ようともしませんでした(笑)
アオゲラも日本固有種ではありますが、そっくりなヨーロッパアオゲラというのがイギリスでは普通に見られるそうです。
「Japanese Pygmy Woodpecker」日本の小さなキツツキ。それがコゲラの英名です。

夏に森のワークショップをおこなった鴻巣山でもよくコゲラの姿を見ることができます。
鴻巣山には大きな木があり、その先に枯れてしまった枝がついてあることが多く、そこにコゲラがよく居ます。食べ物である小さな虫を探していたり、巣にちょうどよい場所を探していたりしています。

コゲラ解説.jpg
コゲラの紹介をする私

枝や木の幹に背筋を伸ばしたポーズで止まり(ハンコのように)、ちょこちょこと動き回る姿はとってもかわいいです。
ぜひ「ギィー」という声を頼りに木の上の方を探してみてくださいね。