2011.12.21 森林セラピー基地篠栗 森の案内人フォローアップ講座

12月21日、篠栗町の森の案内人さんのフォローアップ講座を行いました。

テーマは「リスクアセスメント」と「雨の時どうする?」で

より安心・安全に森林セラピーを体験してもらえるよう、

森の案内人の皆さんと一緒に考えました。

 

s-IMG_0468.jpg

アイスブレイクはケガや事故をテーマになんでもフルーツバスケット。

全員AEDの訓練を行うなど、案内人の皆さんの意識の高さが伺えます。

リスクマネジメントの講義の後、「夫婦杉ガイドでの事故やキケン」について、
思いつくこと、日ごろ心配していることなどを出し合います。

s-IMG_0489.jpg

その後、グループで5つの危険に対して

実際にリスクアセスメントをやってみます。

全4グループのリスクアセスメントの結果を比べて、ガイドでの危険や対策を共有しました。

s-IMG_0519.jpg

後半は「雨の時どうする?」というタイトルで、緊急時や雨天時などの、困った状況を共有し、対策を考えました。

「途中で雨がふりだしたら・・・」

「しばらく雨を待つことにして森へ入ったら、熊野古道以上の素晴らしい景色だった!」

「寒すぎて、ゆっくりしたら凍えてしまう日にはどうしよう?」

「途中で中止の場合は、お弁当や参加費はどうしよう?」

「セラピー中に、具合が悪い人がいたら・・・」

色々な種類の困った場面が挙げられました。

 

フォローアップ講座は全3回を予定しています。
たくさんの経験をもとに、どんどん良くなっていくこれからの篠栗町の森林セラピーが楽しみです。