2013.2.27 どじょうクラブ「木道を歩きやすくしよう&卵塊調査」

2月27日、福津市手光のビオトープでのどじょうクラブの活動に参加しました。
今回の活動は、湿地ビオトープの木道を歩きやすくするための板を敷く作業と、カスミサンショウウオやニホンアカガエルの卵塊調査。

2月のビオトープの様子はコチラ。
跡形もなくなってしまった畦は、イノシシの被害とのこと・・・

IMG_1866.jpg

IMG_1879.jpg
既にある、丸太の木道とうまく噛み合わせて、歩きやすくします。
さらに飛び出た竹の杭を深く打ち込んで、より安全になりました。

IMG_1881.jpg
板の量が少なく、完成には至らなかったものの、ずいぶん歩きやすくなりました。

IMG_1888.jpg
ニホンアカガエルの成体がいました!
意外と大きく、足が長いです。

IMG_1912.jpg

こちらは、カスミサンショウウオと卵。
今回確認した卵塊は2個。まだこれから増えそうです。