2013.3.31 かなたけの里公園 自然観察会&森んこテントあそび

3月31日に、福岡市西区にあるかなたけの里公園で、自然観察会を行いました。

今回は春の植物や畑の様子を観察しました。

s-2013-03-31 10.22.13.jpg
よく見かける草花にも、ひとつひとつに名前がついています。
観察しながら、草花の名札を立てました。

ツクシ、ナズナ、ハコベ、オオイヌノフグリ、ホトケノザ・・・名前がわかると、草花の観察も楽しいですね。

田植え前の田んぼの水たまりで、ニホンアカガエルのオタマジャクシを観察。
まだ寒い中、ちゃんと孵化し水の中でじっとしていました。

s-2013-03-31 11.12.07.jpg

そして観察会の途中で、食べられる野草を集めました。
せせらぎでセリやクレソンを収獲。(写真はクレソン)
クレソン.jpg
あぜ道やはらっぱでは、ヨモギをはじめツクシやカラスノエンドウ、ハコベ、ミツバ、ノビルなども見つけました。(写真はヨモギ)
ヨモギ.jpg
春は私たちの身近に、食べられる草や木の芽がたくさんあります。
ぜひ、自然のめぐみを味わってみてください。
楽しい天ぷらの様子はこちらから↓
http://kanatake2.sblo.jp/article/64255406.html
(かなたけの里日記)

午後は、森の手入れで伐った木の枝を使った「森んこテント」づくり。
s-2013-03-31 14.34.00.jpg
子どもたちにはちょうど良いサイズで、気に入ってもらえたようです。

s-2013-03-31 15.35.28.jpg

みんなでアイデアを出し合って、色々なものを貼り付けました。
新聞紙の壁もできて、まるで子どもの隠れ家です。
s-2013-03-31 15.43.56.jpg
小窓に飾ったツクシや草花が飾られ、大満足のテントになりました。

観察会、野草の天ぷら、森んこテントづくり、、、自然と触れ合う気持ちのいい1日でした。