2014.3.24 第3回松枝拾い@今津

全3回実施の松枝拾い活動、第3回目は、
今津の元寇防塁がある長浜海岸の松原で実施。
8名の方にご参加いただきました。
P3230001.jpg

今回は、「今津松原を守る会」の青木さんにもお越しいただきました。
P3230026.jpg

最初は、集合場所の駐車場のゴミ拾いと、
数年前に被害を受け伐採された丸太を移動させる作業をしました。
P3230027.jpg
これがなかなか重たく、二人がかりでやっとの作業。

次に長浜海岸の松原を散策。
P3230073.jpg
P3230078.jpg
松原の解説を行いながら、
松枯れの原因や、その対策などを紹介し、話し合いました。

今津の長浜海岸は元寇防塁が残っている場所。
P3230087.jpg
P3230091.jpg
フェンスで降りることはできませんが、
1300年前後に作られた姿がそのまま見ることができます。

今津の松原の史跡広場には、東屋があり、
元寇防塁の歴史のビデオを見ることができます。
P3230094.jpg
みんなで鑑賞。
元寇防塁の歴史が分かりやすく紹介されており、
見入ってしまいました。

P3230100.jpg
そして帰り道は松枝を拾います。

P3230102.jpg
最後少しだけ海岸に出て海を眺めながら。
長浜海岸の海は鮮やかな青に輝いていました。

本年度の松枝拾いの活動はこれで最後となりました。
しかし、マツノマダラカミキリはゴールデンウィークごろから羽化し、
マツノザイセンチュウを他のマツへと運んでしまいます。
それまでに松枝拾いや、カミキリの幼虫がいる枯れ松を処理し、
マツノザイセンチュウの拡大を防ぐことが大事になってきます。

松原に対して関心を持ち、みんなで連携して、
どう海岸林を守っていくか、考えていかなければいけませんね。

1年間のこの事業の成果として、玄界灘沿岸の松原を守る団体のマップを作成しました。
各地域で様々な団体が活動されているのが
一目でわかるようになっています!
http://www.greencity-f.org/article/15051336.html