2014.9.23 第1回 生きものと私たちのくらしトーク・カフェ

今年もトーク・カフェがいよいよスタートしました!
昨年のゲストトークや対話の場で生まれたゆるやかなつながりや
よい雰囲気をベースに、生物多様性保全への取り組みを進める
きっかけとなる場をつくりたいと思っています。

第1回の今回は、かなたけの里公園で開催しました。
西区金武の農村集落にあり、園内には畑や果樹園を中心とした
里山の環境が残る場所です。

140923トークカフェ (1).jpg

今回のテーマは、「連携の事例を知る『生きもの×アートで生まれた広がり』」。
まほろば自然学校の岩熊志保さんと、NPO法人アートのたねの牟田佳子さんをゲストに、
2団体が協働で取り組んでいる事業「未来に続く自然体験 まほろばのくに」
についてお伺いしました。

お二人が出会ったのは、太宰府市の環境フェスタのミーティングの場だったそうです。
子どもを中心に、アートで地域をつなぐ活動をしている牟田さんが、
岩熊さんと一緒にやりたいと思ったのは、
「向いている方向が『子ども』というのが一緒だった」から。

140923トークカフェ (2).jpg
岩熊さんにとっては、最初はアートの世界がよくわからず、
まず受け止めて相手のことをよく知ることから始めたそうです。

140923トークカフェ (3).jpg
相手へ敬意を払い、それぞれが伝えたいことをきちんと整理する過程を
大切にしているからこそ、よい連携になっているんだなぁと気づかされました。
また、「明るい気持ちが地域も自分も元気にする」という、牟田さんの言葉。
楽しければなんでも!とは言わないまでも、
まずは自分たちが楽しむことが大切ということに、みんな深く共感しました。

140923トークカフェ (4).jpg

恒例のおやつは、開始前に一部有志で収穫したかなたけの里公園の柿や、
福岡市近郊で採取されたニホンミツバチのハチミツ。
ハチミツは、花粉が含まれる量が多いものや採れた場所が違うものなどの
味を比べてみましたが、どれもセイヨウミツバチのハチミツよりも
「濃い」味がする!という声が多かったようです。
参加者の方差し入れの、猪肉のスモークもいただきました。
140923トークカフェ (5).jpg


後半は、3〜4人の小グループに分かれてお二人のお話の感想などを話し、
そのあと「このメンバーで一緒にやったら面白そうなこと」をテーマに
自由に話をし合いました。
ゲストのお話に触発され、本当に面白いアイデアが!
話が拡がる、楽しい時間になりました。

140923トークカフェ (6).jpg

140923トークカフェ (7).jpg

ちなみにこの日は、午前中にオプションで自然観察会を開催。
かなたけの里公園内のビオトープで活動する「室見川再生を語る会」の皆さんに
活動をご紹介いただいたり、ドジョウが戻ってきたビオトープで
生きものを採集して観察したり、、、
室内で話をするだけでなく、野外に出ていろんな生きものとの出会いを楽しんだのも
よい時間でした。

140923トークカフェ (9).jpg

140923トークカフェ (11).jpg

今年は「違う分野のグループや人と連携の可能性を探ること」
「小さくても何かにみんなで取り組んでみること」を意識して、
全5回のトーク・カフェを実施していきたいと思っています。

次回は11月8日「生物多様性保全の活動を広めるには」。
福岡市内で活動する、「油山 森を育てる会(油山自然観察の森)」、
「ウェットランドフォーラム(和白干潟)」、
「元岡『市民の手による生物調査』(九大元岡キャンパス生物多様性ゾーン)」
の3グループからそれぞれゲストをお招きし、お話を伺います。お楽しみに!