2020.10.10 キッズフォレスタークラブ 第1日程

遠くの台風の影響で予想外にしっかりした雨が降る中、
キッズフォレスタークラブの第1日程をおこないました。
ここは水源林ボランティアの皆さんが管理する森の一つである「峠の森」です。

RIMG3313.jpg
森の入り口で生きものを探し、観察してみよう!


IMG_4639.jpg
雨のおかげで私たちの足元にまでやってきたサワガニ。

カマキリやナナフシ、ピンク色の花たちを観察した後は、森のはたらきについて
考えてみました。この森はどのくらいの水を貯えているんだろう?

IMG_4665.jpg
スポンジのように水分を蓄えたコケが生える切り株を囲んで。

木が枯れてしまった後、枯れた木の根っこが広がっていた場所には空洞ができ、
そこに水を貯めることができる。
ヒゲさんの話に参加者の皆さんは真剣に耳を澄ませます。

RIMG3329.jpg
森の奥に流れる川に下りて、その様子も観察しました。

観察と森のお話の後、水源林ボランティアの皆さんがいつもの伐採の様子を
見せてくれました。
参加者の皆さんに安全な場所に移動してもらい、慎重にスギの木を伐り倒します。

RIMG3348.jpg
少し細めのスギでしたが、背が高く、伐り倒す様子はとても迫力があります。

伐り倒したスギの木を子どもたちで枝払いし、玉切りしてもらいました。

IMG_4704.jpg
「ノコギリ使ったことがあるよ!」とても上手に安全に切ってくれました。

そして嬉しいお土産。切った枝の一部を柄にして、穴を開け、スプーンか
フォークかのどちらか1本をその場で作りました。

2IMG_4713.jpg

事故無く、安全に楽しくできて良かったです。
雨の中、ご参加くださった皆さま、水源林ボランティアの皆さま、どうもありがとうございました!

(主催:福岡市環境局環境調整課 協力:福岡市水源林ボランティアの会)