2021.5.23 オンライン自然観察会・地行浜の生きもの

昨日の福岡城址の木々に続いて、この日も生物多様性を感じるオンライン観察会を行いました。

PayPayドームすぐそばの、地行浜での自然観察会!

 

2021-05-23 (73)_s.jpg

 

海での観察会にふさわしい晴天に恵まれて、気持ちの良い観察会になりました。

ご参加いただいたみなさま、ありがとうございました!

 


ゲストは一般社団法人ふくおかFUNの「ひゅーご」こと平山彪悟さん。

2021-05-23 (77)_s.jpg

目線の先には、貝殻がたくさん落ちています。どんな貝かな?


2021-05-23 (82)_s.jpg

大きいのはアサリと、右隣にある小さいのはなんだろう?

クローズアップしてみると…。

2021-05-23 (83)_s.jpg
この貝、砂場や校庭でも見たことがありますね!

ネズミノテという名前なんですって。確かに、ネズミの手っぽくてかわいいぞ!

2021-05-24 (2)_s.jpg
こちらはアマモという海草。

アマモは「海藻」ではなくて、イネ科の「海草」なんですって!


海藻は昔からずーっと海の中で生きてきたのに対して、海草は進化の過程で一度陸上に上がった植物が、ふたたび海に戻ってきた植物。

進化って不思議ですねー。

2021-05-23 (76)_s.jpg

こちらはアマモの種。確かにイネ科っぽいですね。


2021-05-23 (78)_s.jpg

黒いコガネムシの死がいもありました。川から流れてきて、砂浜に打ち上げられたのかな。

 

2021-05-23 (80)_s.jpg

ん? またひゅーごさんが何かを見つけたぞ…。

2021-05-23 (81)_s.jpg

これは、アカクラゲ! 触ると刺されるので注意です。

わからないものは、むやみに触らないことも大事だと教えていただきました。

 

2021-05-23 (86)_s.jpg
こちらはタマハハキモクという「海藻」

胞子でふえる海藻は、見た目もアマモとは違った感じがしますね。

 

2021-05-23 (94)_s.jpg

最後は、手のひらにヒジキやミズクラゲも乗せて、今日のお昼ご飯かな?

2021-05-23 (95)_s.jpg

「いやいや、あんまり食べないほうが良いです!」と笑うひゅーごさん。


私たちの暮らすすぐそばに、こんなに豊かな自然があるんですね。

ひゅーごさんのあたたかく楽しい解説で、和みながら生物多様性を感じるひとときになりました。

2021-05-23 (89)_s.jpg

前日の福岡城址の木々と合わせて、生物多様性を実感するオンライン観察会でした。

私たちも、生物多様性のための「森里川海のつながり」を大切にしていきたいですね。

ゲストのひゅーごさん、ありがとうございました!

※ひゅーごさんも登場するYoutubeチャンネル「ダイバー先生」もおすすめです。

 

追記:ふくおかFUNのブログ、この日の観察会の裏側を紹介してくださいました!こちらもあわせてご覧ください。

 

(主催:福岡市環境局環境調整課)