2021.6.19 まちなか里山事業「第13回 植物園里山ボランティア」

第13回の植物園里山ボランティアは、ロータリーのコナラ救出作戦&森の色えんぴつ作りを行いました。

 

第12回の里山ボランティアで見つけて、土の環境を改善しようと決まった場所が、このコナラの木の周り。

DSC_6451_s_s.jpg

この木にはキクイムシが入ったと思しき穴がいくつもあり、ナラ枯れで枯れてしまう心配があります。

なので、コナラには体力が必要なのですが、一方、そんなコナラを支える土の環境が良くありません。

 

201675836_1097983350691612_3223781104338803285_n_s.jpg

こちらは作業前日のロータリーの様子です。

土には雨水がしみ込まず、固く締まった土になっています。

ドングリもたくさん落ちていたはずなのに、ドングリの芽の一本も生えていません。

 

RIMG5108_s.jpg

そこでまずは、力自慢(?)のメンバーが、固い地面にスコップを差し込んで、溝を掘っていきます。

 

IMG_3697_s.jpg

その間に、別の班では周辺から落ち葉や腐葉土、落ち枝を集めています。


IMG_3702_s.jpg

溝に籾殻燻炭を入れ、周辺から集めてきた腐葉土や枝を入れます。


IMG_3701_s.jpg

木の周りにも穴を掘って、燻炭や腐葉土を入れて、ロータリーの土壌全体を改善していきます。

並行して行っていたのが、森の色えんぴつ作り。

RIMG5109_s.jpg

近くにあったアラカシのひこばえを少しいただいて、

 

IMG_3722_s.jpg

「削り馬」という道具で削って、色えんぴつを作ります。

 

IMG_3740_s.jpg

こんなにかわいい「森の色えんぴつ」ができました。

自然にかかわるものづくりも楽しいものですね。


IMG_3734_s.jpg

溝もすっかり埋まりました。

すぐに結果が出るというものではないので、じっくり見守っていきましょう。

これから土の環境が良くなって、コナラの木も喜んでくれますように!

 

これからどんなことをしたいか、メンバーからもいろいろなアイデアが出ています。

次回は7月17日(土)です。これからも楽しみですねー!

参加お申し込みはこちらからどうぞ

 

(共働事業「まちなか里山事業」NPO法人グリーンシティ福岡&福岡市動植物園・みどり運営課)