2022.2.11 キッズフォレスタークラブin油山第1回目「冬の森を歩こう」

体験を通して森の恵みを体験する、キッズフォレスターの活動。

今回は油山市民の森をフィールドに、全3回の連続講座です。

 

1回目は「冬の森を歩こう」。

 111aburayama1.jpg

直前までパラパラと降っていた雨もやみ、青空の下歩くことができました。

2aburayama1.jpg

クスノキの葉っぱを探して、匂いを嗅いでみましたよ。

 

3aburayama1.jpg

緊張がほぐれてくると、目についた木の実や葉っぱを拾いながら歩く子ども達。
リュックからは色んなものが飛び出してますね!

 

4aburayama1.jpg

ところどころで、ヒゲさんが樹木の説明をしてくれました。
カラスザンショウも匂いがするかな?

 

5aburayama1.jpg

カブトムシの森に入ると、入口付近には大きなスギの木がたくさん!


6aburayama1.jpg

暗い森を抜けると、今度は木々が間伐された明るい場所に出てきました。
こうやって手入れをする事で新しい枝が出てきて、森が再生していくのですね。

 

7aburayama1.jpg

ここで最初のアクティビティ。耳を澄まして周りの音を聴いてみました。

 

8aburayama1.jpg

さらに奥に進んだヤブツバキの森では2つ目のアクティビティの「色さがし」を行いました。
色カードと同じ色の「緑」を見つけられるかな?

 

9aburayama1.jpg

最後に移植ゴテを持って、地面の落ち葉をそーっとかき分けてみます。
黒い土に混ざって、冬眠中のカタツムリや小枝についた菌糸が見つかりました。
この菌糸が落ち葉や枝を分解してよい土を作り、豊かな森にしてくれているのですね!

 

10aburayama1.jpg

ちょっと難しい話も、ヒゲさんお手製のフリップを見ながら一生懸命聴いてくれました。

 

2回目は226日です。次回も楽しみですね!
(受付は終了しています。)


主催:福岡市環境局環境監理部環境調整課