2012.5.26 森のワークショップ第3回「“もりのすぷーん”みがこう」

5月26日(土)、森のワークショップ第3回を行いました。
今回は、前回からひき続き森のスプーン作りを行いました。

まず、鴻巣山に集合し、里山と、株立ちの木々の話。
森を使う、人の暮らしの話。

それから、スプーンの材料となったヤマザクラの切り株を見に行きました。

IMG_3609.jpg

切り株の上で、スプーンをかざしました。

IMG_3592.jpg

森の様子はだんだんと緑が濃くなり、夏に近づいてきました。
蚊も出てきたようです。

IMG_3613.jpg

その後、長丘公民館へ移動。
さっそくスプーン作りの続きです。

IMG_3617.jpg
大人も子どもも、集中してスプーンを磨きます。
家で、大事に大事に削りだしたスプーンが、少しずつすべすべつるつるになっていきます。

満足にできた人から、くるみ油を塗って最後の仕上げに作業に入ります。

IMG_3630.jpg

磨いている時は白っぽかったスプーンが、油を塗ると濃い色に変わります。
あとは、よく乾くのを待てば完成です!

IMG_3637.jpg
今日の活動の最後には、鴻巣山で取れたどんぐり(マテバシイ)の「どんぐりだんご」をいただきました!

目で見て、手で触れて、だんごを食べて・・・森のめぐみをたっぷり味わう1日でした。

 

(追記)
IMG_3565.jpg
朝、集合した時に見た、落ち葉みたいなガの仲間。
傷ついていますが「ムクゲコノハ」ではないかと思います。