2012.12.11 大内先生ありがとうございます。森のワークショップ準備

鴻巣山で倒れかけていたヤマザクラを伐ることとなり、その材をいただくことができました。
そこで、今年も福岡教育大学の大内先生にお願いして、森のワークショップで使いやすいよう、カットしてもらいました。

s-2012121ヤマザクラカット大内先生 003.jpg

径は20センチほど。

s-2012121ヤマザクラカット大内先生 010.jpg

研究室の学生さんにもお手伝いいただき、大型の帯鋸や丸ノコで丁寧に切ってもらいました。
 s-2012121ヤマザクラカット大内先生 011.jpg

s-2012121ヤマザクラカット大内先生 043.jpg

材は、まだ水分が多いので、カビや腐食の心配が無いよう、積んで乾燥させます。
木材は、切って水分が抜けていくに従って変形しますので、加工後に歪んだり割れたりしないように、先に乾燥させてから加工します。

s-2012121ヤマザクラカット大内先生 044.jpg
乾燥具合を知るために、材の重量を測定しています。

木材を加工するには、手間や時間がかかります。
ひとつひとつ丁寧に加工して、すてきな何かを作りましょう。 
来春も、森のワークショップ を企画しますので、お楽しみに!