2014.8.8 かなたけの里公園 生きもの観察会

本日は、油山シャローム教会の子どもたちを対象とした、
生きもの観察会の講師を務めました。
P1150818.jpg 

子どもたちと保護者の方々、約20人でかつての水田跡に作られたビオトープへ。
まず網の使い方の説明や注意事項を伝えて、みんなで採取開始!

P1150826.jpg
ショウリョウバッタはもちろん、
ニホンアマガエルやアオモンイトトンボを捕まえてきました。
下見のときよりずっと多くの種類を捕まえてきます。
子どもたちの発見する力は、大人を勝りますね。

うれしかったのはベニイトトンボ。
真っ赤なイトトンボとはとてもきれいでした。

あーっ!写真を撮りそこねましたが、コガタノゲンゴロウを

つがいで捕まえたのは、子どもたちの大手柄でした。

 

P1150829.jpg
観察が終わったら、丁寧にもとの場所へ返します。

P1150842.jpg

最後に、「生物多様性」って言葉、聞いたことある?

なかなか体験を通して実感する機会は少ないかもしれませんが、

生きものに触れる時間を通じて、身近な自然への目を開いて

もらえるとうれしいな、と思います。