2017.3.25 春のビオトープ観察会in西部運動公園

少しずつあたたかくなってきて、生きものたちが活動する季節、
西部運動公園のビオトープで観察会を開催しました。

IMG_1340.jpg

まずは自然を観察する目の準備体操から!

小さい人形など「自然にないもの」をさがすゲーム。
じっくりと観察しないと意外と難しいですよ!?

次は「同じものさがし」。

IMG_1364.jpg

あらかじめ葉っぱと小さな木の実を用意していました。
これ、西部運動公園にもある真っ赤な葉っぱと
小さくて丸くてかたい実。よくよく見てみると
足元にたくさん落ちています。
どんな季節もちょっぴり紅葉しているホルトノキと
鳥たちが大好きなナンキンハゼの実を紹介したのでした。

 

後半はビオトープの池の観察。

網を持って池沿いをガサガサゴソゴソ。
ドンコやメダカ、ヤゴを3種類、ヒメガムシなどなど
様々な生きものを発見しました。

IMG_1417.jpg

セキショウの間にはニホンアカガエルも!

公園の一角の小さなビオトープですが、
様々な生きものや植物たちが暮らしているのを観察できました。

 

(主催:西部運動公園/「西部運動公園エコアップ活動」)