2017.5.20 生きものと私たちのくらし展 ミニ観察会

5月22日は国連が定める「国際生物多様性の日」。

福岡市役所1Fロビーにて5月19日から25日まで福岡市近郊で活動する環境団体等で
写真やパネルを持ち寄り「生きものと私たちのくらし展」を開催しました。

170520-01.jpg

グリーンシティ福岡は展示の事務局として企画・運営を行いました。

 

そして5月20日(土)は関連イベントとして天神でミニ観察会を開催。
ゲスト講師として、木村真知子さんをお招きしました。

170520-02.jpg

市役所の向かいにある天神中央公園を歩きます。アクロス福岡の緑がすごい!
ご参加の33名の皆さんを2班に分かれていただき…
170520-04.jpg
川沿いでは少し湿度のある環境の草花や那珂川の生きもの、
ヒョイと現れたカラスの生態などを紹介しました。

もう一方の班は中央公園の木陰を歩きながら…
170520-03.jpg
地衣類を見たり、桜の葉の蜜腺から出る蜜を舐めてみたり、
意外と知らない身近な自然を紹介しました。

生物多様性は遠くにある大自然だけの話ではなく、
身近にもあって私たちのくらしのそばで息づいているんだな、と
伝わっていたらうれしいなあ!

 

昨年度に引き続き、身近な生物多様性について学び、考え、ゆるやかに
つながっていく「生きものと私たちのくらしトークカフェ」を開催します。
随時こちらのHPで案内をしていきますので、ぜひお楽しみに!

(主催:福岡市環境局/「平成29年度生物多様性ふくおか戦略推進業務委託」)