2017.11.18 第1回篠栗町森の案内人養成講座

森林セラピー基地である篠栗町は、多くの来訪者の方に
森の体験を提供しています。それを担うのが森の案内人の皆さん。
今回、第7期となる森の案内人養成講座を全5回で行うこととなりました。

11月18日に開催した第1回目のテーマは「森林セラピーってなんだ?」。
まずは篠栗町の栗原課長よりご挨拶をいただきました。
th_DSC_1539_20171120164725.jpg


まずは自己紹介。お互いに知り合うことからはじめます。

th_DSC_1552_20171120164835.jpg

「森林セラピー」や「森林セラピー基地篠栗」の概要について紹介。
th_DSC_1557_20171120164857.jpg

休憩をはさんだ後「森の案内人」の役割や考え方についてのレクチャーを行いました。
その上で4人1組でのオリエンテーション実習。経験豊富な人も、人前で説明を
するのが初めてな人もそれぞれ工夫して臨みました。
声の大きさや高さ、目線の配り方やジェスチャー、体調確認の「クイックチェック」の
やり方など、短い実習ですがいろんなポイントがあります。
th_DSC_1598_20171120164934.jpg

最後の全体ディスカションでは「どんなことを意識してガイドしているか」など
の話題が出ました。はじめは緊張した雰囲気もありましたが、時間とともに
心がほぐれていったように感じました。
これからの連続講座では現場実習も重ねていきます。
引き続き、よろしくお願いいたします。

(主催:篠栗町産業観光課/「篠栗町森の案内人養成講座企画運営業務」)