シリアゲムシ(2019年6月)

ブログを書こうとすると、前回からもう1か月も経つんだと毎回驚いています。
あ、毎回といいつつ、私のコラムはまだ3回目ですね。
毎月大体同じ頃に書くので個人的に1か月を振り返る良い機会ともなっています。
先月の今頃は南公園での「植物園里山ボランティア」で、咲き乱れる外来種ノハカタカラクサをみんなで抜いて駆除していました。来月また開催されるのですが、どんな影響が見て取れるのか楽しみです♪
「植物園里山ボランティア」は参加者募集中です。ご興味がおありの方は是非ご連絡ください!
過去の活動についてはGCFホームページ左側にある検索窓から「植物園里山」で検索検索ぅ!

 

さて、思いがけず事業の宣伝をしてしまいましたが、私のライフワーク、今月のむしむし動画をご紹介します。今回はその昔、本で読んでからずっと気になっていた「シリアゲムシの婚姻贈呈」について撮り収めました。当時、すぐに動画検索を掛けたもののヒットせず、私の中の「いつか生で見たいものリスト」に刻んでいたのですが、念願叶ってやっとその光景に出くわすことができました。

シリアゲムシとはその名の通り、お腹が上へ反り上がっていて、オスは先端にハサミのような器官を持っている虫です。まるでサソリのように。英名はScorpionflyというそうで納得。後半のflyは飛び方からでしょうか?それとも虫の死骸を食べるところから?
今回私が発見した時もオスが蛾の繭のようなものの中身を食べていました。
この虫は見た目の珍奇さもさることながら、「婚姻贈呈」といって交尾の時にオスがメスにエサをプレゼントすることで知られています。って文章で読んでも想像ができないので、動画をどうぞ!

シリアゲムシ自体は時期を選べば珍しい虫というわけでもありません。
(このシリアゲムシはヤマトシリアゲだと思っています。多分。)
ただ、自然下でこのタイミングに出くわし、すぐに撮影体制に入り、虫を逃がすことなく一部始終を撮り収めることは、週末虫屋の私たち夫婦にはなかなかの奇跡です。
私は発見して「撮ってー!」と一言夫に指図しただけですが、帰りにとらやミートセンターでちょっと良い肉を買って、自宅で撮れ高を確認しながら勝利の味を噛みしめました。虫っていいですね。