第5回 ハクセキレイ 2019年8月

ハンコを作るときに気を付けたいのが、元の生きものの色合いです。
その生きものに特徴的な色合いが3色も4色もあると、単純なハンコでは
表現しにくくなってしまいます。

2色で描くことのできる生きものはハンコに向いています。
そう、たとえばハクセキレイのように。

DSC_4852.jpg

黒のスタンプ台を使うとバッチリですね。
そして今回は色々な色で、ハクセキレイを押してみました。

DSC_4853.jpg
黒、あお、みどり、オレンジ、赤

色とりどりのハクセキレイの行進です。
今度はセグロセキレイを彫ってみようかな。