2019.9.21 まちなか里山事業「第3回 植物園里山ボランティア」

グリーンシティ福岡と福岡市植物園・みどり運営課との共働で
行なっているまちなか里山事業の「植物園里山ボランティア」の第3回目。
台風のため、南公園での伐採予定を変更し、植物園温室前での
クラフトづくりの活動になりました。

IMG_0303.jpg

今日のクラフトは、2、3日前に南公園で伐採したアラカシ・
クスノキを使って、「森のえんぴつ」を作ります。

台風にもかかわらず、今日初めてこられた方も多く、初めましてのご挨拶。
その後は、今日の作業の流れと使う道具の説明から。

今日は岐阜の森林文化アカデミーの久津輪先生開発の削り馬4台を使います。
IMG_0318.jpg
枝をノコギリで適当な大きさにカットし、ドリルで穴を開けます。
開けた穴の中に芯を入れ、削り馬にセット、
そしてドローナイフで削っていきます。
IMG_0316.jpg
えんぴつらしく削れた後は、ノコギリで長さを調整します。

園内を散策していた方々も、興味津々でのぞいて行かれます。
ある親子連れの男の子は、削り馬で削っている様子に夢中。
そこを動かずじーっと見続けています。
スタッフが声をかけて、ちょっとだけ一緒に削ってみました。

それまで寡黙に作業を続けていたボランティアさんたちの中にも、
ほんわかした空気が流れます。
525DD098-8827-4515-AF45-3DA315F43BE0.jpg
枝をカットしただけでもそれなりに可愛いのですが、
仕上げにヤスリをかけます。ヤスリは2種類かけました。
IMG_0314.jpg
コロンと可愛い「森のえんぴつ」の出来上がり!
IMG_0323.jpg
いつもは、南公園の中での作業がメインですが、
今回のように、植物園にこられた方が通られる近くでの作業も、
里山ボランティアの活動を市民の皆さんに見ていただける
いい機会になりました。
次回は、11月16日(土)の予定です。