2020.7.11 海の中道海浜公園「森の池・生きものさんぽ」

海の中道海浜公園に今年オープンした「森の池」エリア。
ちょうどこの日は、広い松林の中に「まぼろしの池」が出現していました。

登録ボランティア「うみなかフレンズ」の研修の一環として実施した
「森の池・生きものさんぽ」の様子です。
200711-01.jpg

「まぼろしの池」の真ん中で記念撮影!

広い松林が続く「森の池」エリア。この日は水がひたひたになっている
場所も結構ありました。
200711-02.jpg


園路を巡りながら、ボランティアの皆さんでお互いに草木や生きものの
解説を行いました。「マツは節を数えると樹齢がわかります。1年…2年…。」 

200711-03.jpg

 「これが森の池エリアで一番のおじいさんのマツです。樹齢は…。」

200711-04.jpg

 普段は草地なのにこの日は大きな水面ができていました。
さっそく色んなトンボが飛び交っていましたよ。

200711-05.jpg

「ハマゴウの紫色の花。葉っぱは匂いがして志賀島の郷土料理にも使われます」

200711-06.jpg

「ママコナ。数が減りつつある湿地の植物です。」 

200711-07.jpg


この日は森の池で見つけた草木や生きもの、それらをガイドする様子を動画撮影しました。
撮影することで、しゃべり方に気をつけたり、後でチェックできたり、
見つけた生きものを復習できたりします。

インタープリテーション研修としてなかなか面白い方法かもしれません。
今後も、年に数回のペースで「森の池・生きものさんぽ」を実施していく予定です。 

(海の中道海浜公園/ボランティア研修業務)