ナミテントウ(2020年11月)

長袖Tシャツ1枚でもちょっと暑いくらい気温が高かった11月14日。
山間部でも20度ぐらいあったと思います。

今回もS会長に情報をいただき(うちの会長ほんとヤバイんです)、私だけ見れていなかったルリウラナミシジミを見事クリア!さあ、次はどこに行こうかと車の中で考えていた時でした。ふと目の前にある電柱を見やると、小さな粒が3つ、表面をウロウロしていたんです。 なんとなく気にしていたら、周囲から次々に飛んでくる。そういえば、ルリウラを探していた時、やたらとテントウムシが飛んでいたなと思い出しピンとくる。これはテントウムシが越冬前に集団で飛び回る現象!前から見てみたかったやつだ〜! 

正午頃に気づいてから約1時間。始めは3頭だったテントウムシは最終的に3桁近くの集団になり(大半がナミテントウ)、みんな電柱の日陰側でウロウロ。落っこちては飛びあがって再び戻ろうとするので、電柱の下にいるとテントウムシまみれになれました。
ここの周りは広い草地。他に電柱が数本あったので見てみると、数は少ないものの同じような現象が起きていました。

ddmfm11.jpg

テントウムシ達は家屋のすき間や石の下など、風雪をしのげそうな場所で集団になって冬を越します。電柱にはきっとそのような場所が無いので、一旦こうして集まってから安全な場所を探しに行くのでしょうか?不思議だなぁ。