立体展翅標本・その2(2021年2月)

前作で周囲から好評をいただくことができ、気をよくした夫が立体展翅標本動画のパート2を作りました!
今回はこれまで作ってきた様々な種類の昆虫達が登場します。

コノハチョウの宇宙のような翅の輝き!
迫力満点のシロスジカミキリの顔面!
タマムシの翅の裏側のマットな虹色!

どれもずっと眺めていたくなる美しさですね。

先日、この動画も含めた作品と一緒に、子ども達の前で標本も公開する場をいただきました。

111.jpg

目を輝かせて色んな角度から眺める子ども達(キオビエダシャクは鹿児島のお土産でいただいたもの 笑)。
身近な場所でこんなにキレイな虫がいるのかと驚いていました。
通常の標本だと生きている時の姿が想像しづらいのではないかと思いますが、立体展翅標本だとほとんどそのままの姿形なので、野外で出会ったときに気づきやすくなるのではと思っています。