2022.2.12 かなたけの里アカガエル卵塊オンライン観察会

「かなたけの里公園の冬の里山観察会」の同日午後から行った「アカガエルの卵塊オンライン観察会」。10組のみなさんが参加してくれました。

1rannkai.jpg

 

画面越しでも伝わるよいお天気の中、まずは池の周りにある枯れたジュズダマやセイタカアワダチソウのフワフワ綿毛を観察しました。

 

3rannkai.jpg

その後ヒゲさんが池にそーっと入ってみると…
ありました、ニホンアカガエルの卵塊。

 

4rannkai.jpg

別のところにも、いくつもの卵塊を見ることができましたよ。

 

5rannkai.jpg

卵塊の一部をシャーレに入れて、卵がいくつあるかみんなで数えてみました。

だけど、たくさんありすぎて途中でギブアップ!
それでも50個はありましたよ!
一つの卵塊に千個ほどの卵がついてる計算になるそう!(ヒゲさん談)

 

6rannkai.jpg

こちらの卵塊はまだ新しいらしく、卵のぷつぷつも固そうです。
日にちが経っている卵は、オタマジャクシの形がなんとなくわかるようになっていました。

 

7rannkai.jpg

卵塊観察をしている間、公園スタッフが大人のニホンアカガエルを見つけてくれて、こちらも観察。お顔をじっくりみることができましたよ。

 

8rannkai.jpg

観察が終わったら元の水辺に戻っていただきました。ありがとう!

 

ニホンアカガエルは冬の寒い時期に卵を産んで、1ヶ月ほどでオタマジャクシになった後、4月の下旬ぐらいにカエルになって森に帰っていきます。来年、今度は卵を産みにここに戻ってきてくれるかな?

 

(主催:かなたけの里公園)