第33回 ニホンアカガエル 2022年2月

毎年ツバメがやってきて春だなと思ったり、どんぐりが落ち始めて秋を感じたり、
生きものたちは毎年繰り返し季節を知らせてくれます。

私は大好きなニホンアカガエルたちが卵を産み始めるといよいよ年度末だなと実感します。
毎月生きもの調査をしているかなたけの里公園で1月の終わりくらいから見つかります。
いつも同じところを歩いて回ることは本当にすばらしいこと。
よし、いつものアカガエルたちの産卵が始まったぞと嬉しくなります。

220302akagaeru.jpeg
2022年3月2日、ヒゲさんが調査中に見つけた卵塊

DSC_893002.jpg
2022年2月12日の観察会で見つけたニホンアカガエル。ああ、かわいい。

hanko220202.jpg
ハンコに彫ってみました。
ポイントは尖った鼻先と角ばった身体です。背中の2本の線も特徴ですね。

かなたけの里公園ではアカガエルの産卵用に新たに水を貯めたビオトープを作りました!
わーい!よかったね。

hanko220201.jpg

寒さが少しゆるんで雨が降った夜にはたくさんのアカガエルたちが森から池に出てきて
産卵しているそうですよ。いつか夜の様子をこっそり見に行ってみたいなぁ。