終了・休止した長期事業


森のめぐみ事業(2011年度から2013年度)

 里山や自然からいただいた材を使って行う「持ち帰って使える日用品づくり」。様々な体験プログラムを試行錯誤してきました。プログラム開発を目的とした事業は一旦終了し、各地のイベントや公園等でこの時の成果を活かした森のワークショップを実施しています。

 

松原保全に関する事業(2012年度から2016年度)

 玄界灘沿岸の松枯れ被害をきっかけに取り組んだ一連の松原保全に関する保全と普及啓発の事業です。その中で制作した「玄界灘松原マップ」は現在も頒布を継続中です。

 

九州自然歩道に関する事業(2009年度から2018年度)

 九州自然歩道をより多くの人に親しまれる安全なルートとして保全・活用していくための取り組みを九州各地の皆さんと行ってきました。「九州自然歩道フォーラム」の事務局を担ってきましたが、平成31年4月に同団体は独立しました。現在の活動はコチラからご覧ください。