生きものハンコ (2019年4月から連載スタート!)

消しゴムはんこを作るのが得意な大野(あっちゃん)が、生きもののはんこを作ります。

作った生きものはんこは、イベント等でも活用していく予定です。
お楽しみに!

第38回 ハクセンシオマネキ 2022年8月

息子たちとたびたびウエットランドフォーラムさん主催の和白干潟の子供調査隊
「ガタレンジャー」に参加しています。夏休みも自由研究のため、たくさんの
参加者のみなさんと生きもの調査しました。

hanko220830-02.jpg
調査の様子

今回見られた生きものの中で特に嬉しかったのが、ハクセンシオマネキ
(福岡県レッドデータブック 絶滅危惧U類)。
hanko220830-01.jpg
白っぽい体の甲幅が2pほどの小さなカニで、
オスは左右どちらかのハサミが大きくなり、それを振ってメスに求愛します。

hanko220830-0302.jpg
そっと近づいて観察する様子

hanko220830-04.jpg
私はここまで近づけましたが、どこにいるか分かりますか?

hanko220830-05.jpg
分かりづらくてすみません!黄色の〇で囲んだところにいます。
これ以上近づくとひゅっと巣穴に戻ってしまいます。

どうしても捕まえたい息子。
大人の人に手伝ってもらって捕まえることができました!
hanko220830-06.jpg
真っ白できれいですね。

電車で降りて10分歩けば干潟に行けて、そんな場所にハクセンシオマネキがいるなんて!
福岡レベル高いなぁと驚きました。
ますます和白干潟の魅力にハマってしまいました。

hanko220830-07.jpg

ワークショップがんばっています(2022年8月)

hanko22080302.jpg
こうのす山でのワークショップをがんばっています。
生きものハンコは今月はお休み。

第37回 クマゼミ 2022年7月

私は生まれてから学生時代まで関東に住んでおりました。
特に大学生時代の夏休みにはよく一人大分県に住んでいる祖父母の元へあそびに来ていました。

そんな祖父母のおうちでは、朝に起きてトイレに行くと、ちょうど裏の庭の木に止まってるセミがそれはそれは大きな声で鳴いていました。
「シャワシャワシャワシャワ!!!」
関東では当時ほとんど見ることができなかったクマゼミです。
CamScanner 07-06-2022 11.58.jpg
クマゼミのすごいなと思うのはその声の大きさと朝だけきっかり鳴いて昼間はシーンと静かにしているというところです。

7月に入りましたが、また一斉に鳴き出すほどは羽化していないようですね。
クマゼミの声を聞くと、祖父母のうちでのんびりと過ごした夏を思い出します。

第36回 ヤマガラ 2022年5月

私が一番好きな野鳥はヤマガラです。
ずっとヤマガラのハンコを作りたいと思っていたのですが、ヤマガラは細かく言うと4色。
黒、白に加えて、灰色とオレンジの色が入ります。なのでずっとハンコにするのを諦めていました。

CamScanner 06-03-2022 15.01_1.jpg
こんな感じでハンコを単純に彫ると白黒で、まるでシジュウカラみたいです。

最近山に行くようになり、前よりもヤマガラを目にする機会が増え、やっぱりこの子が一番かわいいと思うようになりました。灰色は諦めたとしても、なんとかオレンジを乗せられないか・・・
あ!!!閃いた!

CamScanner 06-03-2022 15.01_2.jpg
お腹のオレンジ色の部分をもう一つの消しゴムで作り重ねてみました。

06-03-2022yamagara.jpg
やったー!!!

第35回 イシガケチョウ 2022年4月

いつも散策しているかなたけの里でよく見ることができるイシガケチョウ。
幼虫はイヌビワの葉を食べるので、イヌビワの木のまわりにふんわり飛んでいる姿を目にします。

かなたけの里公園散策 176イシガケチョウ.jpg
2022.3.16 田村耕作氏撮影

名前の由来は翅の模様が「石垣・石掛」のようだから。
真っ白で、繊細な模様が魅力です。

220428イシガケチョウ.jpg
模様の線をできるだけ細くしてみたのですが、これが限界でした。

先日4月のかなたけの里の生きもの散策でずっと見たかったイシガケチョウの幼虫をたくさん見つけることができました。

220420-28イシガケチョウ.jpg
2本の角がおもしろい幼虫です。

220420-26イシガケチョウ.jpg
これは2cmほどの小さな幼虫でした。かわいい!!

無事に成虫になって、元気にふんわりと飛び回ってほしいです。

第34回 ユリカモメ 2022年3月

私は日本野鳥の会福岡支部の会員なのですが、月に一度「野鳥だより ふくおか」が届きます。
福岡支部の探鳥会でのレポートを始め、その鳥類リスト、また会員から寄せられた野鳥情報がたっぷりと掲載されています。

RIMG70322.jpg

毎月この野鳥だよりが届くだけでも驚きなのですが、500号を超えたとのこと!
なんということでしょう!それだけ長い間、ボランティアの活動で編集&発送され続けているのです。

RIMG7030.jpg
500号突破記念に立派な記念誌も発行されました!

この中で大野も生きものハンコ作家として投稿させてもらいました。
そのときに彫ったのが下の作品。
画像1122.jpg   画像2.jpg
冬の室見川でよく見られ、福岡市の海の鳥にも選ばれた「ユリカモメ」です。

日本野鳥の会福岡支部のみなさんには、かなたけの里の生きもの調査でも大変お世話になっています。野鳥や生きもの、自然への愛があふれるみなさん。これからもよろしくお願いいたします!
2022-03-30 (27).jpg

第33回 ニホンアカガエル 2022年2月

毎年ツバメがやってきて春だなと思ったり、どんぐりが落ち始めて秋を感じたり、
生きものたちは毎年繰り返し季節を知らせてくれます。

私は大好きなニホンアカガエルたちが卵を産み始めるといよいよ年度末だなと実感します。
毎月生きもの調査をしているかなたけの里公園で1月の終わりくらいから見つかります。
いつも同じところを歩いて回ることは本当にすばらしいこと。
よし、いつものアカガエルたちの産卵が始まったぞと嬉しくなります。

220302akagaeru.jpeg
2022年3月2日、ヒゲさんが調査中に見つけた卵塊

DSC_893002.jpg
2022年2月12日の観察会で見つけたニホンアカガエル。ああ、かわいい。

hanko220202.jpg
ハンコに彫ってみました。
ポイントは尖った鼻先と角ばった身体です。背中の2本の線も特徴ですね。

かなたけの里公園ではアカガエルの産卵用に新たに水を貯めたビオトープを作りました!
わーい!よかったね。

hanko220201.jpg

寒さが少しゆるんで雨が降った夜にはたくさんのアカガエルたちが森から池に出てきて
産卵しているそうですよ。いつか夜の様子をこっそり見に行ってみたいなぁ。

第32回 オンライン講座 2022年1月

1/29にかなたけの里公園で実施する予定だった「生きものハンコ講座」。
新型コロナウイルスの感染拡大で急きょ、オンラインでの講座をすることに。
参加者のみなさんと一緒に彫る題材は何にしようと考えて、
私が最初に彫った生きものである「ダンゴムシ」に決め、準備を進めました。

DSC_3820dango.jpg
あっちゃんのイチオシ。ダンゴムシはんこ。

オンライン講座って現地開催のイベントよりも準備がとても大切なんです。
材料も事前に郵送し、各家庭で用意してもらう物も念入りに準備してもらわなくてはなりません。

今回送ったものの中味は
「下絵、けしごむスタンプ、スタンプ台、三角刀(希望者)、トレーシングペーパー、透明シール」
準備してもらったものは
「ネットにつながったパソコンやタブレット端末など、えんぴつ、カッター、カッター台(無ければ段ボール)、定規、タオル、新聞紙、紙、ティッシュ、ボンド」
です。

講座が始まると、下の工程に分けて、一つずつの作業を参加者のみなさんとご一緒しました。
はんこ1shitae.jpg
はんこ2.jpg

はんこ3.jpg

はんこ6.jpg
はんこ11.jpg

Zoomでこのイラストや写真を共有をしながら説明をして、実際に作成している様子を手元をiPhoneでアップで映し出して伝えました。

IMG_20220131_120009.jpg

オンラインでの実施をしてみて、ハンコ講座にはこの方法が向いていると感じました。
細かい手の動きや小さなものを共有するにはこの手元のカメラが抜群に分かりやすかったです。

実施の様子はコチラをご覧ください!

はんこ15.jpg
反省点は下絵が小さくて初心者が彫るには大変だったかもしれなかったということです。
モデルのダンゴムシの様子も中継できて、講師として楽しくお伝えすることができました。

初めての試みにお付き合いいただいた参加者のみなさま、ありがとうございました!

RIMG6501.jpg

第31回 イタチ 2021年12月

月に一度、かなたけの里公園で日本野鳥の会福岡支部のみなさんとご一緒する
生きもの散策がとても楽しいです。

RIMG6366.jpg
みなさん、輝いています!

この生きもの散策に参加するようになって7年目くらいと思います。
長く通っても、毎回のように新たに見つける生きものが居て、発見もあって、
とても勉強になっています。

今日の生きものハンコは7年目にして初めてかなたけの里で出会ったイタチ。
12-23-2021 13.27_4.jpg

小川にいたところを発見しましたが、すぐに草むらに入ってしまいました。

RIMG6363.jpg
私が必死に撮った写真

RIMG6363maru.jpg
ここに尻尾があるのですが…うーん、わからない。

ご一緒していたマライカさんが撮ったショットがコチラ↓↓
DSC_1295_131884NX.jpg
こっち見てるよ!!!(マライカ・ヤンセンさん撮影)

Wow!! So cute!!!

マライカさん、写真のご提供ありがとうございました。
そう、こんな出会いがあるから、生きもの散策はいつもワクワクします。
来年はどんな出会いがあるでしょう。楽しみです!

第30回 ヤマナメクジ 2021年11月

先日のキッズフォレスタークラブが終わった直後、ヤマナメクジを発見しました。
思わず大きな声でのじーさんを呼び、参加の子どもたちと観察しました。

捕まえたばかりはこんな感じでまるまるしていました!
寒くてぎゅっと縮まっているのかなとのじーさん。

DSC_8459_s.jpg
捕まえたばかりのヤマナメクジ(のじーさん撮影)

しばらくすると、伸びてきました。
PB270839_s.jpg
伸びてきたヤマナメクジ(のじーさん撮影)

目が出てくると、子どもたちが「かわい〜〜!!」と大喜び。
ナメクジは気持ち悪がられることがある生きものなので、
そんな子どもたちの反応に私たちも嬉しい気持ちになりました。

CamScanner 11-30-202113.40_3.jpg
しかし、ネバネバが強力でした!!ヤマナメクジにまた出会いたいです。

第29回 オオスズメバチ 2021年10月

おかげさまで、この秋もイベント盛りだくさんで方々に出掛けてがんばっております。
秋はとても過ごしやすく、作業系のイベントも気持ちよく実施することができます。

この時期に特に気を付けたい生きものが「スズメバチ」。
先日実施した植物園里山ボランティアでも集合場所にうろうろしていたオオスズメバチ。
イベントの始めに参加者のみなさんに伝えます。

IMG_5732.jpg
「ハチは横の大きな動きに反応します!」

お話のポイントは
・巣の近くでなければハチも積極的には刺してこない
・水や餌、巣材を求めて巡回しているハチに会ったらじっとする
・横に手を振る動きはハチも怖がる、ハチに対して後ろ方向や下方向に逃げるとよい
・ハチが居たら周りの人に声を掛け合って、上手に交わしましょう


CamScanner 10-26-2021 22.13_3.jpg
そんなわけでオオスズメバチのハンコを彫りましたが、白黒だとやっぱり物足りない。

CamScanner 10-26-2021 22.13_4.jpg
そうそう、黄色と黒のシマシマでなくっちゃ!

黄色と黒の組み合わせや、赤と黒の組み合わせは、生きもの界で
「毒あるよ!気をつけて!」のメッセージです。

これを人間界でもうまく使っているのが踏み切りの棒や工事現場のフェンスです。
人間もハッと目が行ってしまうのがこの黄色と黒のシマシマです。
じゃあ、黄色じゃなくて緑に塗ってみたら??

2010-26-20212022.13_5.jpg

いかがでしょうか?私にはちょっと優しい虫に見えました(笑)

みなさま、行楽シーズン、ハチにはご注意くださいね!
上手にハチをか
わして、自然の中で楽しませてもらいましょう。

第28回 コゲラ 2021年9月

私は小鳥が大好きなのですが、中でも色んなところで会えて、見つけやすいのがコゲラです。
姿が見えなくても「ギィー」という特徴的な鳴き声ですぐに居ることが分かります。

kogera9-20-21 21.43_2.jpg
キツツキの仲間、コゲラ

広く身近に観察することができるコゲラですが、コゲラは日本にしか生息しない固有種なんです。
以前、イギリスの野鳥好きな方を公園に案内していたときに、そこで中々お目にかかれないアオゲラが飛び出してきました。私は喜んで伝えましたが、彼はちょうど同じ時に姿を現したコゲラに夢中でこちらを見ようともしませんでした(笑)
アオゲラも日本固有種ではありますが、そっくりなヨーロッパアオゲラというのがイギリスでは普通に見られるそうです。
「Japanese Pygmy Woodpecker」日本の小さなキツツキ。それがコゲラの英名です。

夏に森のワークショップをおこなった鴻巣山でもよくコゲラの姿を見ることができます。
鴻巣山には大きな木があり、その先に枯れてしまった枝がついてあることが多く、そこにコゲラがよく居ます。食べ物である小さな虫を探していたり、巣にちょうどよい場所を探していたりしています。

コゲラ解説.jpg
コゲラの紹介をする私

枝や木の幹に背筋を伸ばしたポーズで止まり(ハンコのように)、ちょこちょこと動き回る姿はとってもかわいいです。
ぜひ「ギィー」という声を頼りに木の上の方を探してみてくださいね。

第27回 ノコギリクワガタ 2021年8月

小3になる息子はこの夏、クワガタ&カブトムシに夢中です。
カブトムシ1匹、ノコギリクワガタ1匹、ヒラタクワガタ2匹。
彼がこの夏ゲットしたのは4匹です。
ひとつずつ容器に入れ、毎日欠かさず霧吹きでシュっと水をして、
ゼリーもこまめに替えているようです。感心感心。

RIMG0367.jpg
飼育コーナー

「飼っている中でどれが一番好きなの?」と聞くと、
「ノコギリクワガタ!!」だそうです。なぜかマンション内に居たノコギリ君です。
その時のマンションの男子たちの熱狂ぶりったらすごかったです(笑)
よし、彫ってやろう!

08-24-2021 15.05.jpg
「写真載せたいから、かっこよく撮ってくれん?」「わかったーーー!!」

RIMG0360.jpg
写真提供 なおたろう氏

ほんとだ、かっこいいね。

第26回 株立ちの木 2021年7月

7月は南区のこうのす山で森のワークショップがあり、
下見やクラフトの材料集め、イベント実施と何度もこうのす山に足を運びました。

こうのす山には大きなマテバシイの木がたくさんあり、その多くが「株立ちの木」です。
木が大事な燃料だった頃に伐られて、そこから複数本生えた幹が大きくなったものです。

IMG_7115.jpg
立派な株立ちの木の前で解説するヒゲさん

CamScanner 08-03-2021 11.49_1.jpg

最近ナラ枯れの影響で株立ちの木の一部が枯れ始めているというマテバシイをあちこちで見かけるようになりました。
CamScanner 08-03-2021 11.49_3.jpg

なんとかマテバシイたちが元気なままでいてくれたらいいなと願うばかりです。

第25回 カブトムシの幼虫 2021年6月

2021年4月17日の植物園里山ボランティアのときのこと。
無造作に積み重なっていた丸太をきれいに並べなおすために持ち上げると・・・
プリップリのカブトムシの幼虫が出てきたのでした。

IMG_2895.jpg
「わぁ〜!!こんなに幼虫が出てきた!」


IMG_2886.jpg
「掘り起こしてしまってごめんね〜。」

それにしても立派なカブトムシの幼虫でした。
出合えてとても感動したので、消しゴムハンコで彫ってみました。

06-24-202113.38.jpg


DSC_2684.jpg
できるだけ同じくらいの大きさにハンコを作りました。


DSC_2683.jpg
よし!同じくらいの大きさ。

次回の活動をする頃には成虫になっているかもしれませんね。

第24回 ツシマケマイマイ 2021年5月

みなさん、私以前と比べて格段にカタツムリを見つける能力が上がっております!
これもかなたけの生きもの調査まちなかボランティアでのじーさんとご一緒することが増えたからです。のじーさん、いつも教えてくれてありがとうございます。

今年は例年より梅雨入りが早かったですね。今まさにたくさんのカタツムリに出会える季節です。

RIMG4911.jpg
先日のかなたけの生きもの調査で、大好きなツシマケマイマイを見つけました。

このカタツムリ、殻に毛が生えているんですよ。
毛が取れてしまった個体もよく見るのですが、写真の個体はふちに太い毛が生えていました。


CamScanner 05-26-2021 14.55_1.jpg
ハンコはちょっとだけ実物より大きくなってしまいました。
大きいもので直径2センチくらいのは時々見つけます。

毛を彫るのがすごく難しかった〜。

RIMG3133.jpg
これはガードレールの上にいたツシマケマイマイの子ども。
殻に白い毛が見えますね。

05-26-2021 14.55_4200.jpg
以前、ツクシマイマイのハンコを作ったのでこれで2種類目のカタツムリ。
どんどん増やしていきたいです。

第23回 クロツラヘラサギ 2021年4月

毎年冬になると福岡の今津干潟にやってくるクロツラヘラサギ。
豊かな干潟を象徴するとても美しい野鳥です。

クロツラヘラサギ今津干潟2003,11,18.jpg
今津干潟に飛来したクロツラヘラサギ 撮影:田村耕作氏

CamScanner 04-26-2021 14.00_1.jpg
ダイサギなどと一緒にいることもありますが、サギではなくトキに近い仲間の鳥です。

今回もお写真は日本野鳥の会福岡支部の田村耕作さんにご提供いただきましたが、
中でもこのカニを食べているショットが私のお気に入りです。

クロツラヘラサギ20120504DSC_0199.jpg
ナイスキャッチ!! 撮影:田村耕作氏

CamScanner 04-26-2021 14.00_2.jpg
ハンコでもナイスキャッチ!!

そして先日ウエットランドフォーラム・Team SPOON共催の「クロツラヘラサギと友達になろうクロツラヘラサギ観察会 in 今津」に参加してきました!
今津干潟のクロツラヘラサギについてのお話を伺った後に参加者のみなさんと実際に観察しに野外に出掛けます。

そこにはクロツラヘラサギだけでなく、ヘラサギやハマシギ、ホオロクシギ、ソリハシセイタカシギなどのシギ類もたくさん居て、じっくり観察することができました。

今津 082ヘラサギ.jpg
クロツラヘラサギとよく似たヘラサギ。撮影:田村耕作氏
目のまわりの部分が黒いのがクロツラヘラサギです。

イベントの最後にはクロツラヘラサギの繁殖地である韓国や台湾の子どもたちから届いたメッセージに返事を描きました。

DSC_2142.jpg
絵手紙を書く小3の息子

ZOOMで韓国や東京のクロツラヘラサギを守るグループのみなさんと交流ができ、とても温かな気持ちになるステキなイベントでした!

瑞梅寺川河口 044  2.jpg
瑞梅寺川河口の上空を飛ぶクロツラヘラサギとダイサギ 撮影:田村耕作氏

クロツラヘラサギが干潟の上を舞う光景がいつまでも見られますように…!

第22回 サワガニ 2021年3月

先日、かなたけの里での生きもの調査で、サワガニに出会いました。
見つけてくれたのは、かたつむり大好きなのじーさん。

RIMG4385.jpg
「のじーさん、写真撮るから動かないでください!!」

子どもの頃、カニ屋さんで食事をした時にお店の人からサワガニをもらったことがあります。
唐揚げにして食べてねとのことでしたが、飼うことにしてかわいがりました。
お米粒をあげ、きれいな水がいいのかなとミネラルウォーターを入れてました(笑)

04-02-202113.57_12.jpg
そんな思い出もいっぱいのサワガニ!
甲羅にはニッコリ顔が浮かび上がります。


CamScanner 04-02-202113.57_2.jpg
水辺では落ち葉が溜まっているようなところに隠れるようにいることが多いですね。

サワガニに会えるとテンションが上がるなぁ!!!

第21回 ホトケノザ 2021年2月

先日のかなたけ散策中に、草原がピンクのカーペットのように見える場所を発見しました。
近づいてみると、それは一面に咲いたホトケノザでした!

RIMG4279.jpg
日当たりの良い場所ではこんな風にホトケノザやナズナがたくさん咲いているんですね。

RIMG4299.jpg
ホトケノザは大好きな花のひとつです。2年生の次男はこの蜜をよく吸っています(笑)

難しいかなと思ったのですが、なんとか彫ってみました。
CamScanner 02-25-202112.43_1.jpg
そうか、やっぱり花の色のピンクがないと寂しいな。

CamScanner 02-25-202112.43_2.jpg
それらしく色を塗り、春の草原を表現してみました。
ホトケノザのつぼみは花の色より濃く赤紫色でとても目立ちます。


CamScanner 02-25-202112.43_3.jpg
ナズナとツクシを彫ったら、さらに楽しいかな。

第20回 エナガ 2021年1月

先日かなたけの里生きもの調査(1/20)で、たくさんのエナガに出会いました。
その数なんと50羽越え!!!

かなたけ散策 151エナガ.jpg
                                   日本野鳥の会福岡支部の田村氏撮影(2021.1.20)

エナガたちがあちらの枝からこちらの枝へと動き回り、
一緒に散策していたみなさんと「かわいい〜〜〜!!」と盛り上がりました。

エナガはぱっと見、白黒の野鳥なのですが、その肩あたりがピンクなところがまたかわいいです。

01-29-2021 21.41_3.jpg

少しピンクに塗ってみました。ほんのりです。

群れてた様子を再現したくて、あと2ポーズ追加してみましたよ!

CamScanner 01-29-2021 21.41_2.jpg
もっといろんなポーズを作りたくなります(笑)

今度はシジュウカラやコゲラ、メジロも作って混群を作ってみますね。
お楽しみに!!

第19回 ケヤキの葉っぱ 2020年11月

今年もあっという間に師走。公園の大きなケヤキの木を見上げてみると、いつの間にか葉っぱがありません。そして足元を見るとたくさんの落ち葉。

DSC_0644.jpg
踏んでみるといい音と共に、落ち葉の香りがふわっと広がりました。
落ち葉の匂い、好きだなぁ。


今回の生きものハンコはケヤキの葉。オレンジのインクを付けて重ねて押してみました。

CamScanner 12-03-202021.51_1(2).jpg
こんな風にいっぱい積もっていた!

そしてケヤキの落ち葉の中に時々、こんなの↓を見かけることがあります。
CamScanner 12-02-202016.16_7.jpg
これは種の付いた枝葉です。
葉っぱがプロペラの役割をして、この何枚か葉が付いた枝ごと風に乗って遠くへ飛んでいきます。

これがケヤキの種子の飛ばし方と思っていたのですが、ケヤキについて調べていたら、
そのまま種子単体で落ちて子孫を増やす重力散布もしているそうです。
むしろそのまま落ちる方が多いとの情報もチラホラ見つけました。
自然には渓谷などでも生えているので、ポトンと落ちて、水で運ばれるのかなぁ。

今回ハンコを作るために、実がついた枝葉を探し回ったのですが、見つからず!
ちょっと時期が遅かったのかなぁと思いました。
そんな風に探し回っていたら、道路沿いや公園などにたくさんのケヤキが植栽されていることに気づきます。

DSC_0640.jpg
竹ぼうきを逆さにしたようなスマートでかっこいい樹形のケヤキ。



CamScanner 12-03-202021.51_3(2).jpg
なんだか葉っぱシリーズを増やしたくなりました!次は何の葉を彫ろうかな。

第18回 ハチクマ 2020年10月

日本野鳥の会 福岡支部の一員でもある私は、月に一度のかなたけ散策を楽しみにしています。
野鳥の会のみなさんと一緒に、かなたけの里公園を生きもの調査しながら回ります。


122636928_778431536339250_4411511240648740809_n.jpg
散策の様子(2020/10/21)しおりん撮影

10月21日のかなたけ散策の日は澄んだ青空が広がり、暑いくらい日差しが強かったです。
この日はタカの仲間がよく飛び、観察することができました。
9:00〜12:00の間に、トビが6羽、ノスリが2羽、ハチクマが12羽!!

CamScanner 10-30-202014.41.27.jpg
今月の生きものハンコは、ハチクマ。

今回の散策で多く見ることができたハチクマはタカの仲間なのに、
ハチ類の幼虫、蛹、成虫を主食にしているおもしろい鳥です。

福岡市城南区の片江展望台はハチクマの渡りが観察できる日本有数のスポット。
ここで渡りのシーズン期間は毎日、日本野鳥の会 福岡支部のみなさんが上空を
通過したハチクマをカウントしています。
2020年9月5日から10月5日の間に3785羽、カウントされたそう!

かなたけ散策でもそうでしたが、
上空のタカはゴマくらい、いいえもっともっと小さくしか見えません(笑)
それを見つけて、双眼鏡の中に入れて、識別するのです。

先輩方がハチクマというので、なるほどそうかと一生懸命双眼鏡にその姿を入れます。
とっても小さい姿ですが、うん、かっこいい。優雅でかっこよかったです。

夏の間、日本で過ごしたハチクマたちはみな無事に東南アジアへと渡ることができたでしょうか。
次に彼らが福岡の空を通過するのはゴールデンウィーク頃から。
ハンコを彫って、愛着が湧いたので、今から5月が楽しみです。

第17回 ハラビロカマキリ 2020年9月

身近な昆虫の中でも、特別感があるのがカマキリだと思います!
バッタよりもセミよりも、見つけた時に子どもたちが盛り上がります。

09-30-202011.12.45_1.jpg
翅に白い点があるハラビロカマキリ

カマが何度見ても、とってもかっこいい!!
捕まえてきた子どもたちが「お母さん!飼いたい!!」と言いました。

1601333903690.jpg
かっこいいね!ハラビロカマキリ

もっと暑い時期ならば、いいよと言ってあげたかったのですが、
朝晩すっかり涼しくなったので、寿命が心配に。
「寒くなってきて、カマキリたちも生きられるのがあと少しの期間だろうから、
よく観察したあとに、逃がしてあげたら?」と言いました。

触れ合ったあと、次男が逃がしに行きました。

09-30-202011.12.45_2.jpg

捕まえた個体はメスだったようで、↑こんな風に(笑)、食べたり、卵を産んだり。
残りの命を全うできますように。

第16回 セミの抜け殻 2020年8月

今年の夏、我が子たちのブームは「セミの抜け殻集め」でした。

DSC_9825.jpg
集めた抜け殻はこの箱の中へ

見つけるたびに大喜びして、宝物を見つけたかのように報告してくれました。
今回は、特にたくさん見つけたクマゼミと小さくてかわいいニイニイゼミの抜け殻を
ハンコにしてみました!

08-27-2020 15.24.10_2.jpg
そして集めてきた様子もハンコとイラストで。
8-27-2020 15.24.10_1.jpg

クマゼミは住宅地に多く、早朝からシャワシャワ鳴き出すセミです。
(今年ちょっと少なかったような…私が公園に行ってないだけかな。)
ニイニイゼミは少しまとまった自然がある場所で見られる種類で、
抜け殻に泥がついているのが特徴です。

08-27-202015.24.10_3.jpg
うん、泥をつけてやった方がそれっぽい!

セミの抜け殻は見つけた場所の環境を私たちに伝えてくれます。
虫がちょっと苦手な子も抜け殻ならこわがらずに持てるかもしれません。

動かないから、じっくりセミの幼虫の頃の顔も観察できますよ。

DSC_9828.jpg
成虫も持っている口のストローは、抜け殻でもこんなにきれいに残っています。

抜け殻でセミの種類判定もできるので、見つけたらまずはじっくり観察してみてくださいね!

第15回 ショウリョウバッタ 2020年7月

梅雨が明けましたね。夏の強い日差しで、草むらの背丈はぐんぐん伸びます。
そしてそこで暮らすバッタたちの体のサイズもどんどん大きく!

shouryoubatta.jpg
見てください!この立派なショウリョウバッタ!!
こんなに大きいけれども、こわがりな子でも持てちゃうところが魅力だなと
思います。

07-31-202012.24.08_1.jpg
きっと今頃、もりもり葉っぱ(イネ科植物)を食べているのでしょうね。
もりもり食べたら、ウンチもいっぱいします。

07-31-202012.24.08_2.jpg
ウンチも消しゴムはんこで作ってみました(笑)
3つ押しときました。

実際、バッタを捕まえるとすぐにウンチしてくれます。
細長いひし形ウンチをぜひ観察してみてくださいね。

第14回 アオドウガネ 2020年6月

先日、ショッピングセンターの廊下をコガネムシの仲間が歩いていました。

DSC_8484.jpg
この子の名前は「アオドウガネ」です。

06-25-202023.14.00_3.jpg

こんな感じの虫たちは、よくカナブンに間違えられるそう。
私もスタッフしおりんに教えてもらうまで、ちゃんと解ってなかったです。

カナブンは特に顔の雰囲気が違い、四角くなっています。
CamScanner 06-25-202023.14.00_2.jpg
アオドウガネとカナブン。カナブンの四角っぽさをちょっと誇張してしまいましたが、並べると解りますね(中々ハンコで彫るのが難しかったです)!

よく見るマメコガネも加えて、図鑑っぽく並べてみました。
06-25-202023.14.00_1.jpg
ちょっとアオドウガネが細身になってしまい、残念!
けれども、ほぼ実寸大に彫ってみましたよ。

虫たちを違いに着目しながら真剣に彫ったのは初めてでした。
彫ると、違いを意識することができたので、とても勉強になった〜!!
この3種類ならば、野外でも識別できるかもと思いました。


ちなみに廊下を歩いていたアオドウガネくんは息子の手によって、無事にお外に出してもらい、踏まれずに済みましたよ。良かった良かった。

第13回 アブラコウモリ 2020年5月

春先に家の周りをアブラコウモリが夕暮れに飛ぶようになると
「だいぶ暖かくなったんだな〜」と実感します。
意外とみんなコウモリの存在に気付いていなくて、近所の子どもたちに
教えてあげるとみんな驚きます。近くによくいるけれど、見つけると嬉しい!
そんな存在です。
05-21-2020 22.35.48.jpg
先日お散歩のときに昼間から空を飛びまわっているアブラコウモリを見つけました。
昼飛んでいるなんて珍しい!前日雨だとお腹がすいて明るいうちから飛ぶこともあるそう。
05-21-2020 22.41.02.jpg

コウモリが超音波を出して蛾をキャッチする様子をハンコを使って書いてみました!
コウモリが私の近くを通るとき、超音波当たっているかもとドキドキ!!

みなさんも意外と身近なアブラコウモリ、探してみて下さいね!

第12回 カナヘビ 2020年4月

小さい頃から両生類&爬虫類が大好きです!
大人になっても彼らに出会えるとテンションが上がります。

最近特に好きなのが、カナヘビ。
野原や道端の草むらで、よく日なたぼっこをしている姿が見られます。

RIMG213902.jpg
先日のかなたけの里公園での生きもの調査でみつけた個体

顔をじっくり見ると、小さな恐竜によう。
RIMG2286.jpg
とても凛々しくてかっこいい!!

CamScanner 04-27-2020 15.43.50.jpg

カナヘビを彫るのは中々難しかったですが、こんな感じ!
もう少し顔を細くしたらよかったかなぁ・・・

スケッチしていて、すごく尻尾が長いことに気が付きました。

DSC_7913.jpg
出来上がったハンコを持って、近くの草むらに置いてみました(笑)
今日は日なたがポカポカ気持ち良いです。

散歩の途中でまた出会いたいなぁ。

第11回 ミミズニョロニョロ 2020年3月

今年度、一番使用頻度が高かったハンコは第3回でご紹介したダンゴムシでした!
http://www.greencity-f.org/article/16135251.html

ダンゴムシは子どもたちに大人気の生きもので、環境わくわく出前授業をおこなった際には
大変お世話になった生きものです。
http://www.greencity-f.org/category/2102056.html

そしてそして、ダンゴムシの次に幼稚園や保育園でお世話になった生きものは・・・じゃん!
ズバリ、ミミズでしょう!!
2020-03-16 15.50.54_1.jpg

細長くて、縦の環帯と呼ばれる節が多くて、彫るのが大変でした。
出来上がったミミズたちを見ていて思いました・・・
「本物のミミズには目がないのに、うっかりかわいくしてしまった!!!
これはリアルじゃないな・・・」

そこで試しにかわいい目と口を修正ペンで消してみました。2020-03-16 15.50.54_2.jpg

「うっ!!!これはハンコとしては、ちょっと気持ち悪がられるかもしれない・・・」

ごめん、ミミズくんたち。リアルではないけれど、目や口を残すことにしました。

2020-03-16 15.50.54_3.jpg
その代わりに(!?)、糞塚も彫ったよ。
みなさんは目なし、目あり、どちらがお好みですか?