スタッフ・鶴田真麻による「福岡の隠れた逸品!」をご紹介コラム

4月から非常勤で働き始めた鶴田は、
福岡のこだわりの商品、珍しい商品を取り扱うお店「DOCORE」(マルイ2階)でも働いています。
地域のお土産から私たちの暮らす福岡の一面をご紹介します。

第3回「うまか芦屋塩・だし塩(芦屋町)」2018年7月

福岡の逸品紹介第3回目は、芦屋町にあるパルセイユ株式会社(うまか芦屋塩のページ)
「うまか芦屋塩・だし塩」をご紹介します。

パルセイユ1.jpg

福岡県芦屋町は、玄界灘と響灘がまじわる海に面しています。そのため、昔から
漁業の盛んな地域で、海から取れる様々な魚介類や水産資源が豊富にありました。

「うまか芦屋塩・だし塩」は、この芦屋の海水から作られています。海水を
沖から汲み上げて、釜でじっくりと煮詰めた後、低温乾燥されます。
この手順を踏むことで、塩を焦がさず海そのものの風味を残すように作られています。

また、この塩を作っている塩窯職人の吉田博さん(塩のパッケージに載っている方です!)は、
海岸に流れ着く流木を塩作りに必要な燃料として使用することを考え、
実践しているそうです。芦屋の海の水を使用し、塩を作り、その過程で
環境美化にも貢献するなんて…良い流れだなと思いました。

実際に塩を食べてみましたが…普通の塩よりも柔らかい手触りで、
味がしっかりとしているように思いました。
これが“ミネラルを丸ごと含んだ旨みと深みのある味”なんだと思いました。
(だし塩は、うまか芦屋塩にカツオ、しいたけ、さば、昆布などの旨味がブレンドされています!)

芦屋町の海の旨味が詰まった塩、是非ご賞味ください!

第2回「焼きのり(みやま市)」2018年6月

福岡の逸品紹介第2弾は,福岡県みやま市にある江の浦海苔本舗さんの「焼きのり」です!

s-S__28491779.jpg
なぜ私がこの商品を紹介したのか。
それは一番海苔本来の美味しさを味わえるから、
そして作っている方の思いが素敵だと思ったからです。
作っている方の思いを紹介するにあたって、
まず「みやま市」という場所の環境から説明したいと思います。

江の浦海苔本舗さんが日々海苔を作り続けている場所「みやま市」は
福岡、佐賀、長崎、熊本と4県をまたぎ、多くの流入河川を誇る有明海に面しています。
HPのイラストをぜひご覧ください!

有明海には、多くの山々から湧き出す水が注ぎ込むことで、
森の恵みがたっぷりと蓄えられています。
そして最大6mもある海の干満差により、
海苔は、満潮時に生み出した栄養と美味しさを干潮時に太陽の光を浴びて閉じ込めます。

これが江の浦海苔本舗さんの海苔の美味しさの秘密となっています。

そんな海苔の生産者は、元海苔漁師。
彼は現役時代に「最近の海苔の味は落ちた。」そんな噂を耳にしたそうです。
それをきっかけに「日本一海苔作りに適した海で育てられた海苔。
そして漁師が食べている海苔本来のおいしさを届けたい!」そう決意し、
有明海の磯の香りと旨みをそのまま食卓に届けるために、
江の浦海苔本舗を立ち上げたそうです。

私は初めてこれを聞いた時に、海苔の美味しさの裏には,
こんな決意があったのだと思いました。そしてこの場で紹介したいと思いました。

元海苔漁師の思いがこもった海苔。ぜひ一度ご賞味ください。

第1回「かしわめしの素(豊前市)」2018年5月

第一弾は、福岡県豊前市にある、有限会社よかろうさんの「かしわめしの素」です!
s-29261971_1395706407241579_1859972213612476907_n.jpg
なぜ第一弾でこれを選んだのか、とどこからか突っ込みが聞こえてきそうですが‥‥、
食べるとびっくりな美味しさなので選びました!

見た目はどこにでも良くあるようなかしわ飯の素ですが、
かしわだけでなく、人参、しいたけ、ごぼう、油揚げ、こんにゃくと具沢山。
まるで手作りのよう。そしてお出したっぷり!混ぜるだけで簡単!
手作りの味というのもおすすめポイントです。
(混ぜても炊き込んでもどちらでも使えます!)

口コミで少しずつ広がり、地元ではもちろん、リピーターの方も多い商品です。
若い人から家族連れ、一人暮らしの方など様々な方が購入されています。
これを求めに来店される方もいるほどです。ちなみに、私の家族もリピーターです。

気になる方はぜひ一度召し上がってみてください。