野島智司さんのコラム、はじまりました

糸島市で「マイマイ計画」を主宰する「のじー」こと、野島智司さんのコラムがはじまりました。
かたつむりやコウモリに詳しくて、小さないのちへのあたたかいまなざしを持つ野島さん。一緒に身近な自然を大切にする気持ちを届けていけたらと思います。(2018年6月GCF事務局)

野島さんの著書:
『ヒトの見ている世界 蝶の見ている世界』青春出版社
『カタツムリの謎:日本になんと800種! コンクリートをかじって栄養補給!?』誠文堂新光社
『マイマイ計画ブック かたつむり生活入門』ele-king books(Pヴァイン)

第37回 アジサイとかたつむり(2021年6月)

SNSが普及し、ネットでいろいろな情報が広まるようになりました。
ネットで広まりやすい情報の代表的なものが、「(一般に信じられている)〇〇は実は誤り」という情報。
なにせ、疑ったこともないような常識的なことを「実は誤り」だともっともらしく指摘されると、人は誰でも不安になりますし、ついついシェアやリツイートをしたくなりがちです。


しかし、そんなふうに出回った「実は誤り」という情報が誤りだったとしたら、訂正するのはなかなか厄介です。

まず、「『〇〇は誤り』というのは誤り」だというのは、それだけでもややこしいですし、わかりにくいですよね。そこに根拠を示そうとすると、さらに難解になります。
さらに、結局は常識的な結論なので、わざわざシェアやリツイートするほど、心を揺さぶられる人もいません。

s-DSC_1059.jpg

そんな誤情報の例が、かたつむりに関してもいくつかあります。

毎年梅雨時になるとネット上で散見されるのが、「かたつむりはアジサイが好きというのは嘘」という情報です。


たとえば、Googleなどで「アジサイ カタツムリ 毒」と検索してみましょう。「カタツムリがアジサイを好きというのは単なるイメージ。アジサイには毒があるので自然界でカタツムリが乗ることはない」なんていう情報がすぐに見つかります。


情報がもっともらしく聞こえる理由の1つが、アジサイには毒があるという事実。
確かに、アジサイは人間にとって有毒なので、初めて聞く人の心を揺さぶるには十分です。
飲食店で装飾用にアジサイの葉が出され、誤って食べてしまった客が嘔吐、めまい、吐き気などの症状を呈したという事例もあります。


しかし、脊椎動物のヒトにとって毒があるのは確かですが、軟体動物であるかたつむりにとってアジサイが有毒かどうかはわかりません。
そもそもかたつむりがアジサイのそばにいたとしても、食べるためにいるのかどうかは定かではありません。


私は実際、アジサイの植えられた場所にかたつむりがよく来ていることを知っていますが、そんな「実感」というのは、誤情報を訂正する根拠としては弱いものです。
なんだか、もやもやしますね。


s-DSC_5101.jpg


桜井・森(2016)は、そんなもやもやが嫌だったというわけではないかもしれませんが、かたつむりのアジサイへの選択的な利用が見られるかどうかの検証を行っています。

週2回、合計105回の野外観察を実施し、さらに57回の室内実験を行いました。情報を検証するというのは、大変ですね…。
その結果、ミスジマイマイというカタツムリは一貫してアジサイを好み、アジサイのないところではサクラを好んでいたとのこと。一方、ウスカワマイマイというカタツムリは、特にアジサイを好むわけではなかったそうです。

 

ミスジマイマイは関東では代表的なカタツムリ。同じマイマイ属では、福岡ではツクシマイマイが知られています。

そんなミスジマイマイについては、確かにアジサイのあるところを好むというのです。
ただし、すべてのかたつむりに当てはまるわけではないようです。


また、室内実験により、ミスジマイマイもアジサイの葉を好むわけではないことを明らかにしています。
つまり、ミスジマイマイは、アジサイの葉というより、アジサイのある場所が好きだったということ。

筆者らは、アジサイが有毒であるがゆえに植物食の動物と競合しないことや、捕食者に見つかりにくいことなどを、ミスジマイマイがアジサイのある場所を好む理由として考えているようです。


そもそもかたつむりは樹木の表面に生えた藻類をよく食べます。

木本であるアジサイの表面にもそうした藻類は生えているでしょうから、もしかすると目当ての1つなのかもしれません。

今後アジサイのところにかたつむりがいたら、何を食べているのかよーく観察する必要がありそうです。


s-DSC_5715.jpg

さて、桜井・森(2016)の検証によって「ミスジマイマイはアジサイのある場所が好き」ということがわかりました。
そこは常識的な結論に落ち着いたわけですが、一方で何が目的なのかなど、謎は増すばかりです。

 

たとえば、ツクシマイマイについてはどうなのでしょう。

実感としては、福岡でアジサイのあるところにいるのはたいていツクシマイマイです。
また、つい先日、ユズリハという有毒の木にたくさんのツクシマイマイがいる様子も観察しました。
たまたまなのでしょうか? それとも、あえてユズリハを選んでいるのでしょうか?

 

興味を深めるのは楽しいことなので、これからも注意深く、観察していきたいです。

【参考】桜井雄太・森隆久,2016 梅雨の風物詩「カタツムリがアジサイに付いている」は本当か? 陸産貝類による植物選択頻度と植物被度との比較. 帝京科学大学紀要, 12, 11-15.

第36回 チャコウラナメクジ動画集(2021年5月)

以前も書いたような気がしますが、数年前、家の近くのナメクジを観察していて驚いたことがあります。

ナメクジが生きたアブラムシを丸のみしていたのです。

そのとき撮影した動画はこちら。苦手な人は閲覧注意です。



カラスノエンドウについているアブラムシを、まるごと飲み込んでいる様子がわかるでしょうか。

飲み込んだアブラムシが頭部から透けて見えています。アブラムシの踊り食い状態…。

調べてみると、Fox&Landis(1973)もナメクジが生きたままアブラムシを食べていたという報告をしています。植物の汁を吸ったアブラムシは、ナメクジにとっては絶好の獲物なのかもしれません。

 

ちなみに、このナメクジはチャコウラナメクジというナメクジ。市街地でもっともよく見かけるナメクジです。

ヨーロッパ原産の外来種ですが、本州以南の日本各地、さらには汎世界的に分布しています。

日本では最初は1950年代後半に米軍の物資に紛れて侵入し、それが広がったと考えられています。

これだけ市街地に多く生息しているのは、比較的乾燥に強いことに加え、食性が広いというのがあるのでしょう。

s-P4100065_s.jpg

チャコウラナメクジは、市街地にいる代表的なナメクジであるがゆえ、嫌われ者でもあります。

ですが、赤ちゃんはとってもかわいいんです。(詳しくは、第15回「赤ちゃんはかわいい」


そこで、私が特にチャコウラナメクジを好きになってしまった瞬間をご紹介します。

チャコウラナメクジが卵から孵化する映像です。

3分ほどありますが、2:00から2:30あたりが見どころです。※BGMあり


実はこれ、孵化するのではなく「やっぱりやめた」と言わんばかりに、孵化の途中で卵に戻ってしまう瞬間なんです。撮影しながらキュンとしました。

ナメクジが「殻に戻る」だなんて、やっぱり彼らもかたつむりの仲間なんだなぁ。

 

動画集と言いつつ2つだけでしたが、どちらも私にとっては衝撃映像なのでした。

 

【参考】

Fox, L. and Landis, B.J.(1973) Notes on the predacious habits of the gray field slug, Deroceras Laeve. Environmental Entomology 2, 306-307.

「チャコウラナメクジ / 国立環境研究所 侵入生物DB」(2021年5月18日閲覧)https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/70390.html

第35回 好きになった理由(2021年4月)

よく聞かれる質問の1つに「どうしてかたつむりを好きになったんですか?」というものがあります。

これは、物心がついた頃、すでにかたつむりを好きになっていた私には答えられない質問です。
ただ好きなだけなのです。


とはいえ、記憶に残っていないだけで、好きになるきっかけは何かあったのかもしれません。
先日、手がかりを1つ発掘しました。この作文です。

 


s-IMG20210420154942_s.jpg

 

     かたつむり

        のじま さとし

かたつむりとあそんでいたらめ
をさわってしまいました。そうした
らめをひっこめました。おにいちゃ
んといきました。ゆうすいちの
ちかくのすいどうのところにいま
した。ちっちゃいかたつむりでした。
1ぴきでした

 


 

 

東京の小学校に入学して間もない頃に書いたと思しきこの作文、あいにくもう私の記憶にはありません。

「かたつむりとあそんでいた」という表現が最初に出てくるところが、我ながら興味深いところです。「かたつむりであそんでいた」とか「かたつむりをつかまえた」ではないのです。


私にとってかたつむりは、遊び友達だったのでしょう。

「めをさわった」ではなく「めをさわってしまった」と書いていることからも、当時から敬意を持っていたことが伝わります。


身近な場所に居て、直接触れることができて、リアクションがあるということが、重要だったのかもしれません。
そんな体験があったからこそ、かたつむりを遊び仲間として意識できたのでしょう。

 

s-IMG20210420155128_s.jpg
(これも発掘したねんど作品)

 

生きものを遊び仲間として感じられるような環境や機会づくりを、これからも大切にしていきたいものです。
子どもの頃の作文を発掘して、あらためて思い直しました。

 

ところで、私、野島はこれまでグリーンシティ福岡の外部のサポートスタッフでしたが、4月から正式なスタッフとなりました。
あらためまして、よろしくお願いいたします。

第34回 ちょこっとマイマイさがし(2021年3月)

先日、糸島市内の住宅地から、可也山の登山口に近い、山寄りの古民家へ引っ越しをしました。さっそく、新居の周りでちょこっとマイマイ探しをしてみました。

kttmrtskk34_01.jpg

見つかったのは、計6種類。
さすがは田舎の古民家。市街地より簡単に多くの種類が見つかります。まだナメクジ類や微小マイマイを発見していないので、いずれもっと見つかることでしょう。
ツクシマイマイ、トクサオカチョウジガイ、ナミギセルなど、市街地でも見つかるマイマイもいれば、フリイデルマイマイ、ダコスタマイマイと思しき種もいました。最後が、ウスイロオカチグサ。水辺の近くにいるマイマイで、ここでも枯れた池の底にたまった落ち葉の下にいました。ウスイロオカチグサはもともと南西諸島が生息地とされていて、それ以外の各地でも見つかっていますが、移入なのか在来なのか議論があります。

kttmrtskk34_02.jpg.jpg

まだナメクジ類や微小かたつむりは見つかっていませんが、きっともっと探せば、ほかにも多くのマイマイが生息していることでしょう。これから暖かくなって、さらにいろいろな生きものが出てくるのが楽しみです。


かたつむりの仲間は、どんなところにも何かしら生息しているものです。
市街地にいる種類は少ないですが、いないとは限りません。
いろんな地域で自宅周辺のちょこっとマイマイ探しをしたら、きっとおもしろい分布地図が作れそうです。
どんなかたつむりがいるかを知るだけで、いつも暮らしている環境が、ちょっと違って見えるかもしれません。

第33回 微小貝(2021年2月)

アオキやイヌビワなどの、低木の大きな葉をめくると、小さなかたつむりが見つかることがあります。よくいるのが、マルシタラガイという4ミリほどのかたつむり。

kttsk_210201.jpg

マルシタラガイ

軟体の頭のところが赤っぽいのが、かわいいポイントです。葉っぱの裏によくいて、見つけると顔が赤いので、シャイなマイマイだと勝手にキャラ設定しております。

さて、こうした殻が数ミリの小さな貝類のことを「微小貝」、あるいはかたつむりに限定して「微小陸貝」と言うことがあります。微小貝はよく赤ちゃんかたつむりだと誤解されます。

実際、同じように小さなかたつむりでも、大きな種類の赤ちゃんかたつむりという場合があります。

kttsk_210202.jpg

赤ちゃんかたつむり

ただ、赤ちゃんかたつむりの場合は、殻のうずまきが2巻き半くらいしかありません。うずまきを見れば、小さい種類なのか、大きい種類の赤ちゃんなのかを区別できるというわけです。

一方、微小貝だとわかっていても、種を判別するのは簡単ではありません。何せ小さいので、じっくり観察して特徴をつかむのが難しいですし、特徴をつかんでも、微小貝を網羅した図鑑がありません。

そんなわけで、私も見つけたはいいけれど、なんだかわからないままの微小かたつむりがいくつかいます。うむむ…。

kttsk_210203.jpg

なんだかわからん

こうした微小貝、意外と身近な場所にもいるんです。市街地の庭先でも、プランターや植木鉢の下に、ヒメコハクガイなどの2ミリくらいの微小貝がいることがあります。


目をこらしてみると、あなたのすぐそばにも、微小貝が隠れているかもしれません。

第32回 マイマイカブリのジレンマ(2021年1月)

4歳の息子は生きものが大好きです。
あいにく、かたつむりにはあまり興味がないようで、興味を示すのはもっぱらスズメバチ、カブトムシ、クワガタムシ、ハヤブサ、チーター…。さらにはティラノサウルス、モササウルス、タルボサウルス、サーベルタイガーなど。最近はドラゴンのような想像上の生きものにも興味を持つようになりましたが、どれも強くて大きい、かっこいいものばかりです。


そんな息子が魅力を感じる生きものの1つに、マイマイカブリがいます。言わずと知れた、かたつむりの代表的な天敵です。

mimikb01.jpg
※お尻から毒液を噴射するので注意

マイマイカブリはオサムシという地上を徘徊する甲虫のなかま。羽は退化していて、空を飛ぶことができません。多くのオサムシは昆虫やミミズを主食としますが、マイマイカブリの主食はかたつむりです。子ども時代の私にとって彼らはかたつむりを食べる憎き昆虫でしたが、金属光沢のある特徴的な造形は、色彩や形に多様な地域変異があって、ファンが多いとか。


そんなマイマイカブリは、大きく「巨頭型」と「狭頭型」という、2つのタイプに分けられます。巨頭型は頭部と胸部が横に肥大したタイプ。狭頭型は頭部と胸部が縦に伸張したタイプです。この2タイプは、かたつむりに対する攻撃戦術の違いがもたらしたと考えられています。巨頭型はアゴの力が強く、かたつむりの殻を壊すことが得意な一方、殻の開口部に頭を突っ込んで食べることは苦手。一方、狭頭型は、かたつむりの殻の開口部に頭を突っ込んで食べることが得意な一方、殻を壊すことは不得意です。


うまく殻も壊せて頭も突っ込めるようにできないものかと思いますが、Konuma(2013)の実験によれば、中間的なタイプは殻も壊すのも苦手で頭を突っ込むのも苦手な、かたつむりを食べるのに向かないマイマイカブリになってしまうんだそう。二兎を追う者は一兎をも得ず、なのですね。

mimikb02.jpg

マイマイカブリは昆虫好きの間では人気のある甲虫の1つ。ずっと嫌いでしたが、いざ調べてみると、なかなかおもしろい特徴があって、生きものとして興味がわいてきます。


とは言え、「マイマイカブリを飼ってみたい」という息子。もしほんとうに飼うことになったら、いったい何をエサにするつもりなのでしょうか……。


【参考】https://www.lab2.toho-u.ac.jp/sci/bio/geoeco_lab/

Konuma et al. 2013 A maladaptive intermediate form: a strong trade-off revealed by hybrids between two forms of a snail-feeding beetle. Ecology 94: 2638-2644. 

第31回 アート的感覚(2020年12月)

大学院生のころ、私は夜の森でコウモリの捕獲調査をしていました。特別な許可をとってコウモリの飛行ルートに網を張り、かかったコウモリを捕獲。種の同定、性判別、齢推定、各種計測をして、腕に標識をつけて、また放すというものです。


捕獲調査を重ねるうちに、不思議な感覚が身に付きました。
網にかかった瞬間、姿を見ずに種が推定できてしまう特殊能力です。
コウモリが網にかかっただけで「あ、ヤマコウモリきた」「お、コテングコウモリっぽいな」などと、わかってしまうのです。


要素としては、網の揺れ方、鳴き声、臭い、などのヒントがあり、それらを総合してピンとくるというわけです。
正確な種の同定には、前腕の長さ、耳や鼻の形など、細かいポイントで判断することが必要なわけですが、姿を見なくても想像がついてしまうというのは、なんとも不思議な感覚でした。もっと続けていれば、幼獣かどうかとか、性別までわかるようにまで……は、さすがにならないかなぁ。
ほかに何の役にも立たない感覚ではありますが……。

kttsk_201201.jpg

こうした感覚って、論文に載ることはないけれど、野外で生物調査をしている人にはしばしば生まれる専門性だと思います。かたつむりにしても「あれ? この種がこんなところにいる?」とか、「○○マイマイにしては、質感が違う気がする」という曖昧な感覚も、そうした感覚的な専門性の一種でしょう。ちょっとした感覚的な違和感に、新しい発見が潜んでいるというのも事実です。
科学的事実の背景には、たいていそうしたふわっとした感覚があるものです。


こうした感覚的な専門性は、アート的感覚と言い換えても良いと思います。
そもそも"art"には、経験を通じて自分のものとした「わざ」という意味があります。その意味では、アート的感覚が培われるのは生物系の専門家に限ったことでもないでしょう。ほかの分野の学問、さらには子育て、音楽、家事、スポーツ、あらゆる職業、あるいは遊びや、日常生活にだって、それぞれのアート的感覚があります。


こうして広げて考えていくと、世の中の誰もがみんな、何らかのアーティストと言えそうです。
自分では当たり前の感覚と思っていることを、ほかの人から驚かれたことはありませんか。
それってきっと、アート的感覚です。

第30回 好き嫌い(2020年11月)

人それぞれ、嫌いな食べ物ってありますよね。ピーマンが苦手とか、シュンギクがダメとか、キノコ類は全部ダメとか…。 かたつむりは移動能力が低いことから、あまり食べ物の選り好みはしないとされています。草木やコケなどの植物はもちろん、地衣類、きのこなどの真菌、昆虫やミミズなどの死骸、それから土壌も食べることがあります。 手あたり次第なんでも食べると言えますが、それでも大なり小なり好き嫌いがあります。

まずは、かたつむりがどんなプロセスで食べ物を見つけ、食べているのか、考えてみましょう。

kts30-1.jpg

 

1.食べ物さがし

とりあえず、かたつむりは歩き回ります。何を意図して動いているのか、私にはよくわかりません。どこからか漂ってくる何らかの魅力ある匂いを感じれば、匂いの源となる食べ物へと向かいます。ガードレールなどに残っているかたつむりの食べあとを観察する限り、ふと気まぐれに空腹を感じて、足元が食べられるかどうか調べてみる、という状況もありそうです。

 

2.とりあえず食べてみる

食べられそうな物を見つけたら、まずはツノ(小触角)で、それから唇で、感触や味を確認します。
それが食べ物として魅力的であれば、さっそく食べ始めます。 ある程度満腹になれば食べるのをやめますし、あるいは何らかの不快感があると、途中で食べるのを止めます。


3.嗜好が変化する

食べたものが栄養豊富でおいしければ、その匂いや味を覚えて好きになります。
一方、苦みなど刺激があれば、その匂いや味を覚えて嫌いになります。
また、食べた後で毒性を感じて嫌いになることもあるようです。たとえば、植物の防御物質であるシアン化合物が含まれていると、食べません。たとえば、アジサイは代表的な毒性のある食べ物です。(でも、隠れ場所として都合が良いのか何なのか、アジサイ周辺にかたつむりがいることはよくあります)
こうして食べ物の嗜好性は、経験によって変化していくのです。

 

kts30-2.jpg

飼育しているかたつむりは、紙をよく食べます。紙の主成分はセルロース。セルロースは糖類で、人間とっては消化できないただの繊維ですが、かたつむりは消化できるので、紙も重要な栄養源です。紙には炭酸カルシウムも添加されているので、殻の栄養もあります。
また、市街地にすむチャコウラナメクジというなめくじは、雑食と言えるほど何でも食べてしまいます。生きもののフンや死がいを食べることもありますし、カラスノエンドウについている生きたアブラムシを丸のみしているのを見たこともあります。

とは言え、紙やアブラムシが食べられるものだと、彼らはいったいどうして気づいたのでしょう。 それも、たまたまちょっとかじってみて、おいしいと学習したということなのでしょうか。
なんという、行き当たりばったり…。

kts30-3.jpg

まぁ、人間も似たようなものです。

私に特別嫌いな食べ物はありませんが、それはたまたま「出合っていないだけ」とも思っています。別の文化圏に入れば、たちまち嫌いな食べ物ができるかもしれません。
今は好きな食べ物でも、何らかの嫌な出来事と結びつくと、途端に嫌いになる可能性もあります。たまたま一度食中毒に当たってしまって、もう食べられないという話はありますよね。
この場合は、「嫌い」というよりむしろ「怖い」ですね。まんじゅうを食べてお腹を壊したら、「まんじゅう怖い」と本気で思うことでしょう。

そう考えると、反対に好きな食べ物があるって素敵なことですね。 その食べ物の味がおいしいのはもちろん、匂いや見た目、食べたときの状況なども含めて、それが好きだと思えたのですから。


【参考】B. Speiser (2001) "6 Food and Feeding Behaviour" ("The Biology of Terrestrial Molluscs" ed. G.M.Barker) 259-288.

第29回 シースルー殻(2020年10月)

シースルーと言えば、透ける素材を使った人間界のファッション。かたつむりの世界でも、そんなシースルーはとっても重要です。

 

かたつむりの殻は海の貝類に比べるとだいぶ地味ですが、よく見るとおもしろい模様をしたものがいます。

なかでも私が好きなのは、コベソマイマイの独特の模様です。

kttmr2901.jpg

こちらは成長途中のまだ若いコベソマイマイ。よーく見ると、黒い斑点状の模様が万華鏡のようできれいだと思いませんか。

じつは、この模様は殻の模様ではなく、殻の中に入ったからだ(軟体部)の模様が透けて見えているんです。つまり、シースルー。

 

その証拠に、死んでしまって軟体部がなくなると、殻はこんな感じです。

kttmr2902.jpg

全然違いますよね。ちょっと薄く黒っぽく見えるのは、内部の汚れです…。

初めて死んだ殻を見たときには、コベソマイマイとはわからなかったくらいです。

 

かたつむりのような陸の貝は、海の貝に比べて薄くて軽く、しばしばシースルーになっています。

陸の貝は水中のような浮力がなく、殻が分厚いと重たくて、移動するのがたいへんです。そのため、殻が薄くなり、シースルーが多くなったと考えられます。

 

模様のみならず、軟体部の色がシースルーになっているかたつむりもいます。

コハクオナジマイマイは、体内に蓄積したビタミンB2によって、中心部が蛍光のレモン色に見えるという特徴があります。

kttmr2903.jpg

紫外線から身を守るためにビタミンB2を蓄積しているのではないかと考えられています。

 

こうしたシースルー殻の良さは、生きたかたつむりでないと楽しめません。

生きものはやっぱり、生きている姿がいいなぁ。

シースルーと言えば、透ける素材を使った人間界のファッション。かたつむりの世界でも、そんなシースルーはとっても重要です。
 かたつむりの殻は海の貝類に比べるとだいぶ地味ですが、よく見るとおもしろい模様をしたものがいます。
 なかでも私が好きなのは、コベソマイマイの独特の模様です。
●(コベソマイマイ)
 こちらは成長途中のまだ若いコベソマイマイ。よーく見ると、黒い斑点状の模様が万華鏡のようできれいだと思いませんか。
 じつは、この模様は殻の模様ではなく、殻の中に入ったからだ(軟体部)の模様が透けて見えているんです。つまり、シースルー。
 その証拠に、死んでしまって軟体部がなくなると、殻はこんな感じです。
●(コベソマイマイ殻)
 全然違いますよね。ちょっと薄く黒っぽく見えるのは、内部の汚れです…。
 初めて死んだ殻を見たときには、コベソマイマイとはわからなかったくらいです。
 かたつむりのような陸の貝は、海の貝に比べて薄くて軽く、しばしばシースルーになっています。
 陸の貝は水中のような浮力がなく、殻が分厚いと重たくて、移動するのがたいへんです。そのため、殻が薄くなり、シースルーが多くなったと考えられます。
 模様のみならず、軟体部の色がシースルーになっているかたつむりもいます。
 コハクオナジマイマイは、体内に蓄積したビタミンB2によって、中心部が蛍光のレモン色に見えるという特徴があります。
●(コハクオナジマイマイ)
 紫外線から身を守るためにビタミンB2を蓄積しているのではないかと考えられています。
 こうしたシースルー殻の良さは、生きたかたつむりでないと楽しめません。
 生きものはやっぱり、生きている姿がいいなぁ。シースルーと言えば、透ける素材を使った人間界のファッション。かたつむりの世界でも、そんなシースルーはとっても重要です。
 かたつむりの殻は海の貝類に比べるとだいぶ地味ですが、よく見るとおもしろい模様をしたものがいます。
 なかでも私が好きなのは、コベソマイマイの独特の模様です。
●(コベソマイマイ)
 こちらは成長途中のまだ若いコベソマイマイ。よーく見ると、黒い斑点状の模様が万華鏡のようできれいだと思いませんか。
 じつは、この模様は殻の模様ではなく、殻の中に入ったからだ(軟体部)の模様が透けて見えているんです。つまり、シースルー。
 その証拠に、死んでしまって軟体部がなくなると、殻はこんな感じです。
●(コベソマイマイ殻)
 全然違いますよね。ちょっと薄く黒っぽく見えるのは、内部の汚れです…。
 初めて死んだ殻を見たときには、コベソマイマイとはわからなかったくらいです。
 かたつむりのような陸の貝は、海の貝に比べて薄くて軽く、しばしばシースルーになっています。
 陸の貝は水中のような浮力がなく、殻が分厚いと重たくて、移動するのがたいへんです。そのため、殻が薄くなり、シースルーが多くなったと考えられます。
 模様のみならず、軟体部の色がシースルーになっているかたつむりもいます。
 コハクオナジマイマイは、体内に蓄積したビタミンB2によって、中心部が蛍光のレモン色に見えるという特徴があります。
●(コハクオナジマイマイ)
 紫外線から身を守るためにビタミンB2を蓄積しているのではないかと考えられています。
 こうしたシースルー殻の良さは、生きたかたつむりでないと楽しめません。
 生きものはやっぱり、生きている姿がいいなぁ。シースルーと言えば、透ける素材を使った人間界のファッション。かたつむりの世界でも、そんなシースルーはとっても重要です。
 かたつむりの殻は海の貝類に比べるとだいぶ地味ですが、よく見るとおもしろい模様をしたものがいます。
 なかでも私が好きなのは、コベソマイマイの独特の模様です。
●(コベソマイマイ)
 こちらは成長途中のまだ若いコベソマイマイ。よーく見ると、黒い斑点状の模様が万華鏡のようできれいだと思いませんか。
 じつは、この模様は殻の模様ではなく、殻の中に入ったからだ(軟体部)の模様が透けて見えているんです。つまり、シースルー。
 その証拠に、死んでしまって軟体部がなくなると、殻はこんな感じです。
●(コベソマイマイ殻)
 全然違いますよね。ちょっと薄く黒っぽく見えるのは、内部の汚れです…。
 初めて死んだ殻を見たときには、コベソマイマイとはわからなかったくらいです。
 かたつむりのような陸の貝は、海の貝に比べて薄くて軽く、しばしばシースルーになっています。
 陸の貝は水中のような浮力がなく、殻が分厚いと重たくて、移動するのがたいへんです。そのため、殻が薄くなり、シースルーが多くなったと考えられます。
 模様のみならず、軟体部の色がシースルーになっているかたつむりもいます。
 コハクオナジマイマイは、体内に蓄積したビタミンB2によって、中心部が蛍光のレモン色に見えるという特徴があります。
●(コハクオナジマイマイ)
 紫外線から身を守るためにビタミンB2を蓄積しているのではないかと考えられています。
 こうしたシースルー殻の良さは、生きたかたつむりでないと楽しめません。
 生きものはやっぱり、生きている姿がいいなぁ。

第28回 化石ファンタジー(2020年9月)

4歳の息子は古代生物が大好きです。なかでも好きなのは、恐竜に代表される中生代の恐竜や翼竜、海竜たち。 
ティラノサウルスをはじめ、トリケラトプスにイグアノドン、プテラノドンにモササウルス。そんな古代生物たちが生きていた時代、かたつむりはどんな暮らしをしていたのでしょうか。

近年、ミャンマー北部で産出される琥珀の中から多くの生物化石が発見されています。そのうちの1つが、かたつむり。2019年には約1億年前のかたつむりの化石が発見されました。1億年前というと、中生代の白亜紀。まさにティラノサウルスやトリケラトプスと、同時代です。 
かたつむりと言ってもツノが4本のタイプではなく、現代のヤマタニシのようにツノが2本で、ツノの付け根に目があるタイプのかたつむりだったようです。直径約6.6ミリで、殻の表面は毛で覆われていたというので、写真のツシマケマイマイ(現生種)を小さくして、毛をもっと細かくしたような感じでしょうか。

ツシマケマイマイ.jpg
ツシマケマイマイ

殻に毛が生えたかたつむりは現代にも多くいますが、毛のある理由ははっきりしません。白亜紀にもそんなかたつむりがいたというのは、殻に毛が生える理由を考える上でヒントになりそうです。水分を集める助けになるとか、高いところから落ちたときのクッションになるなど、いろんな仮説が考えられています。 白亜紀は花をつける被子植物が誕生した時代に当たり、かたつむりもやわらかい葉をもつ被子植物を好んで食べていたのかもしれません。大きな恐竜たちが闊歩する世界の片隅で、かたつむりたちが静かに勢力を広げていたと考えると、なんだかわくわくします。

現在でも世界で3万5千種もの多様な種類が発見されているかたつむり。当時だって相当多くの種類がいたと考えられます。そのころのかたつむりは、どんな種類がいて、どんな生活をしていたのでしょうか。 
小型の恐竜に食べられたものもいたかもしれません。いや、恐竜のような大型の生物よりは、当時の大きな昆虫に食べられることの方が多そうですね。そして、恐竜が絶滅するのが6600万年前ごろですから、そのときの隕石衝突による環境変化が、かたつむりにどう影響したのかも気になります。もしかしたらヤマタニシタイプのかたつむりが今よりもずっと多様だったのに、ほとんどが絶滅してしまった…ということもあるかもしれません。 
さらには、殻のないナメクジに至っては化石に残りそうもありません。もしかしたら、恐竜並みの巨大なナメクジがいた…なんてことは、さすがにないでしょうか。

想像はいくらでも広がりそうです。 
化石って、詩のようなおもしろさがあります。言葉というものは物事の意味を限定し、空想の余地をなくしてしまいそうなものなのに、詩の言葉は、自由な想像を大きく広げる手がかりになります。 同じように、化石という確かな証拠から、自由に想像を広げてみるのも良いものです。


参考URLhttps://www.afpbb.com/articles/-/3249446

第27回 伸縮するツノ(2020年8月)

人からつつかれて、つい自分の考えを引っ込めてしまうことってありませんか。私には、よくそんなことがあります。あぁ、もっと主張しても良かったのかなぁと後で悩むことになるのですが。うーん…。
それはそうと、かたつむりのツノ(触角)も、つつくとすぐに引っ込みます。
ツノが引っ込むのは、陸上の貝類のなかでも柄眼目(マイマイ目)という仲間に属するかたつむりに限られます。
たとえば、ヤマタニシなどの基眼目という仲間のツノは、ツノだけを引っ込めることはできません。引っ込むときには、ツノは出したまま、軟体部全体を殻の中に引っ込めていきます。
ツノ自体が引っ込められるというのは、じつは特殊な能力なのかもしれません。

伸縮するツノ写真1.jpg

では、どんなメカニズムでツノが出たり引っ込んだりするのでしょうか。
出てくるときと引っ込むときで、メカニズムは違います。おもちゃの「ピロピロ笛」(吹き戻し)の仕組みに、ちょっと似たところがあります。 下の適当な図を見ながら、イメージしてみてください。「ピロピロ笛」を伸ばすのは空気の力ですが、ツノを出すときには体液を使います。「ピロピロ笛」に息を吹き込むように、ツノの内部に体液を流し込んで、ツノ全体を押し出していくのです。「ピロピロ笛」を縮めるのはバネの力ですが、ツノを引っ込めるときは、ツノの内側にある筋肉を使います。ツノの先端を内側から引っ張って裏返すようなイメージで、ツノ全体を引っ込めるようです。 


 ツノが素早く引っ込むというのは、狭いところに入ったり、高いところに登ったり、縦横無尽に移動するには有利です。 目があまり良くないかたつむりは、ツノという感覚器官で触れながら周囲の環境を知覚します。そのとき、ツノのような突出した部分というのは、どこかにひっかかったり、外敵に突かれたりして、傷つきやすいものです。たとえば、ノラネコの耳を見ると、傷だらけになっていることが多いですよね。ネコの耳も、突出した部位と言えます。 まして、ツノは身体の部位でもっともパイオニア精神の強いところです。なんでもツノで触れて確かめるのですから、リスクがあっても未知のものに積極的に触れることが、ツノの使命と言えるです。
だから、何かに積極的に触れつつも、すぐに引っ込むことで、傷つく危険をできるだけ回避するのです。
ちなみに、ツノは切れても再生しますが、時間がかかります。しかも、片方だけ切れると、左右の感覚がおかしくなって、しばらくくるくる回ってしまったりするそうです。

伸縮するツノ写真2.jpg

かたつむりも種によって、あるいは個体の状態によって、触れたときの引っ込み具合が異なります。ちょっと触れただけで身体全部引っ込めてしまうかたつむりもいれば、ツノの先だけちょっと引っ込んで、すぐにまた元に戻るかたつむりもいます。全部引っ込んだあと、なかなか出てこないかたつむりもいますね。

つつかれたらすぐに自分の考えを引っ込めてしまいがちな私の性格も、もしかしたら、自分を守るために必要なことなのかもしれません。 とは言え、引っ込めたことを後悔するより、かたつむりのように、柔軟に自分の「ツノ」を伸ばせるようになりたいものです。

第26回 好きなものは好き(2020年7月)

かたつむりはナメクジほどではありませんが、しばしば「きもちわるい」と言われてしまう生き物です。先日、小学生向けにかたつむりの話をしたときも、「きもちわるい」を連発する子がいました。そういうときにふと、思い出すことがあります。

suki01.jpg

私は2011年から今年はじめまで、アトリエ兼自宅のガレージを平日夕方に開放して、近所の子どもがふらっと立ち寄れるようにしていました。特に自然豊かな環境でもなく、ごくありふれた住宅地で、遊びに来る子も、自然や生き物が好きな子とは限りませんでした。
そうした場で接する子たち(特に小学高学年以上の子)にかたつむりの話をすると、必ずと言っていいほど、「きもちわるい」という言葉が返ってきていました。
ヒナ、シオン、マリカという女の子3人と遊んでいたときも、そうでした。

ヒナ「なんか、かわいい絵を描いて」
私「じゃあ、かたつむりでいい?」
ヒナ、シオン、マリカ「えぇ〜!?」
ヒナ「さとちゃん(筆者)、ぜんぜん女の子の気持ちわかっとらん。女の子はそういうのキモいとー!」
シオン「そうそう。もっとあるでしょ、ねことか、くまとか」
マリカ「うん」
私「そうかなぁ。女の子でもかたつむり好きな子いるよ」
ヒナ「ぜったいいない!」
シオン「女の子がかわいいっていうのは、そういうのじゃない!」
そんなやりとりをしばらく続けていると、マリカが小さな声でつぶやきました。
マリカ「まぁ、私はけっこう好きだけど・・・」

饒舌なヒナとシオンの勢いはその後も止まりませんでしたが、次第にマリカは別の遊びを始めました。

suki02.jpg

人が生き物と気軽にふれあえる場を作っている方々のことを、私は尊敬しています。それはただ、生き物に直に触れる体験が特別なものだから、というだけではありません。生き物に触れられる場そのものが、特別な力を持っているからです。
そうした場は、そこに居る人にとって、生き物が好きだと堂々と言える場所です。かたつむりの観察会に集まる人は、「かたつむりが好き」って堂々と言えるのです。男とか女とかどちらでもないとか関係ありません。
好きな生き物を好きと言っている人さえいれば、最初は「きもちわるい」と言っていた子どもさえ、次第に「意外とかわいい」と言い始めたりもします。

suki03.jpg

異質な生き物に対する感じ方は人それぞれなので、かたつむりが「きもちわるい」と感じること自体が悪いわけではありません。でも、「かたつむり」=「きもちわるい」でなければならないという「空気」のようなものは、誰がつくってしまうのでしょう。人はどうして、そんな「空気」に合わせようとしてしまうのでしょう。
マリカはその後もよく、一人でガレージに遊びに来ていました。


※登場人物は仮名です。※写真は文中のエピソードとは無関係です。

第25回 思い出のマイマイとの再会(2020年6月)

しばらく会ってなかった、特徴あるツクシマイマイさんと、ひさびさの再会を果たしました。
初めて出会った時に撮影した写真の日付を見ると、2016年5月。つまり4年ぶりの再会です。
すぐ近所の民家のブロック塀で見つけた、特徴的な色合いのツクシマイマイ。
とても美しいお方だったので、非常に印象的でした。
しばらく会えていなかったので、どこかに旅立ったか、最悪ナメクジ駆除剤でも撒かれてしまったかと思っていました。

202006写真1.jpg
再会したツクシマイマイ

初めて会ったころは、まだ殻の開口部の反り返りがなく、成長途中の若いツクシマイマイでした。
今回は少し大きくなって、反り返りができています。
開口部の反り返りは、これ以上成長しないという印です。 4年前はつやつやのきれいな殻でしたが、今は風格が出てきています。
たくさん移動して、たまたま元の場所に戻ってきたのか、4年間ほとんど移動しなかったのかはわかりません。
ツクシマイマイの寿命はよくわかりませんが、もう良い歳ではないかと思います。 また会えるといいなぁ。

202006写真2.jpg
2016年当時の同じツクシマイマイ

かたつむりを見ていると、こうした思い出のマイマイとの再会がときどきあります。
殻に特徴があったり、一時的に飼育したりして、愛着のできたマイマイは自然に「個体識別」ができるので、なつかしい気持ちになったり、成長が嬉しくなったりします。
車道も近いし、民家にはナメクジ駆除剤や殺虫剤、除草剤などが撒かれたりすることもあるのに、よく同じ場所でずっと生きていたなぁと思います。 ツクシマイマイの殻に個性があるということは、同種内にも個体ごとの多様性があるということ。
種の同定をするためには厄介な要素でもありますが、こうした再会があると、多様性っていいものだなぁと実感します。

第24回 ヤマタニシはタニシ?かたつむり?(2020年5月)

かたつむりはその定義自体あいまいな生きものですが、なかでも特にあいまいなのが、
ヤマタニシという陸貝です。
「タニシ」と名が付きますが、タニシとは本来、原始紐舌目のタニシ科に属する貝類のこと。
一方、ヤマタニシはタニシ科ではなく、独立したヤマタニシ科に属するので、タニシとは
見なされていないのです。 じゃあ、陸の貝だから、かたつむりなのかというと、そうとも
限りません。一般的なかたつむりが属するのは、貝類の中でも「柄眼目」というグループ。
ヤマタニシは「原始紐舌目」というグループです。
したがって、「かたつむりは、柄眼目の陸貝である」という立場からは、ヤマタニシは
かたつむりとは認めてもらえないのです。

noji202005photo1.jpg

ヤマタニシは、外見的にも一般的なかたつむりとは趣が異なります。
一般的な柄眼目のかたつむりには、ツノが2対(4本)あり、2本の大きなツノ(大触角)
の先に眼がついています。
一方、ヤマタニシはツノが1対(2本)しかなく、眼はツノの付け根に、ちょこんと
くっついているだけです。 そして、もう1つのヤマタニシの特徴が、フタです。
ヤマタニシには、貝殻にフタがあるのです。ここはタニシといっしょですね。

noji202005photo2.jpg

かたいフタがぴっちり閉まるので、外敵の侵入を防ぐことができるというわけ。
こんな強力なガードがあるなら、柄眼目のかたつむりも使えばいいのに、と思いませんか。
入り口から侵入するマイマイカブリなどの外敵から身を守るにはもってこいです。
でも、実際にはフタをもつかたつむり(陸貝)は少数派。
いったいどうしてなのでしょう。 ぱっと思い浮かぶのは、フタがないと、くっついて休む
ことができないということがあります。
以前このコラムで、粘液が乾くと、エピフラムという薄膜をつくるということを書きました。
同時に、エピフラムは接着剤の機能も果たします。
葉っぱの裏などで休むときに、ぴったりくっつきながら休めるわけです。
ところが、かたいフタをもってしまうと、下の写真のコベソマイマイのように、ぴったり
くっついて高いところで休むことができないというわけです。
また、フタが体にくっついているために、殻の奥の方までひっこんで、外敵や乾燥から
身を守ることもできなくなります。
結果として、結局は外敵に狙われやすくなってしまいますね。

noji202005photo3.jpg

私にとって、かたつむりの大きな魅力は、そのあいまいさと多様性にあります。
そう思うと、ヤマタニシも「かたつむり」に含めていいんじゃないかという気がします。
かたつむりか、タニシか、どちらに含むかを決めるのは、私たちヒトの勝手な都合なのですから。 ヤマタニシは「タニシだからタニシらしく生きなきゃ」とか、「かたつむりだからかたつむりらしく
しなきゃ」とか、そんなことはちっとも思っていないんだろうなぁ。

第23回 マイマイ数学(2020年4月)

さて、こちらに2種類のかたつむりのイラストがあります。よく見ると、うずまきの描き方が違います。 あなたはAとB、どちらの殻のかたつむりが好みですか?

等角螺旋とアルキメデスの螺.jpg

 実は、これらはそれぞれ異なる数学的規則に基づいたうずまき(螺旋形)を描いています。
 Aはアルキメデスの螺旋呼ばれる形。Bは対数螺旋(等角螺旋、ベルヌーイの螺旋とも言います)と呼ばれます。 Aを極座標の方程式で表すと、次のようになります。

アルキメデスの螺旋.gif

 …っていうか、そもそも極座標とは、なんでしょう。
 まずは、ふつうの座標について説明します。x軸とy軸があって、(x,y)で1点を表すことのできる座標です。直交座標とも言います。 点Pが(1,1)とあれば、xが1で、yが1の点なので、点Pの位置はこんな風に示すことができます。
直交座標.gif

 一方、極座標は、x軸とy軸の代わりに、中心Oからの距離rと、回転角θで、点(r,θ)を表す座標のことです。 点Qが(√2, 45°)とあれば、中心Oから45°の角度で√2だけ進んだ点なので、こんな位置になります。

極座標.gif

 おおざっぱに言えば、ふつうの直交座標が折れ線グラフ、極座標はレーダーチャート、という感じですね。

mm2201.jpg

 さて、直交座標で、y=axのグラフを書くと、右肩上がりの直線が引けます。  同じように、極座標で、r=aθのグラフを書くと、さっきのアルキメデスのらせんになるのです。 θ=1°のときr=1、θ=2°のときr=2というように、θの値を少しずつ増やして描いていくと、結果的に幅が一定のうずまきを描くことになります。(ちなみに、a>0なら左巻き。a<0なら右巻きになります)
 それが、冒頭のAのかたつむり。マンガ的なかたつむりは、こんな螺旋が多いですね。 もう一度見てみましょう。

等角螺旋とアルキメデスの螺.jpg

 さて、Aのかたつむりに比べ、Bの方がリアリティがありませんか。 そして、なにより、かわいく見えませんか? ←主観
 Bのかたつむりの殻は、極座標の方程式で、次のように表すことができます。
対数螺旋.gif
 こちらは、b<0なら右巻き。b>0なら左巻きになります。(eは自然対数の底を表す定数で、e=2.7182818…という無理数で、特別な性質があるのですが、ここでは省略します。)  実際に、かたつむりを含む巻き貝のなかま、オウムガイやアンモナイトのなかまなどの殻は、すべてこの対数螺旋に当てはまります。 中心からの距離が角度に対して指数関数的に増大していくので、幅がだんだん広がっていくうずまきになります。 幅の広がり方はbの値によって変わります。イラストは大きめにしていますが、もっとアルキメデスの螺旋に似せることもできます。 自然界には、こうした対数螺旋が多く見られます。実は二枚貝も厳密には螺旋形で、このbを大きな値にすると、二枚貝っぽくなります。 そしてさらに、たとえば台風のうずまき、銀河系のうずまきも、対数螺旋を描いています。

mm2202.jpg

 螺旋が描ける方程式は、ほかにもいくつかあります。 興味がわいた方は調べてみてくださいね。
 数学ってこんな風に、物の形と関連しているのがおもしろいなぁと思います。 かたつむりと銀河系が同じ法則でつながっているなんて、不思議ですよね。
 これに限らず、自然界の物の形がいろいろな規則に当てはまっていることに気づくと、とてもおもしろいです。 一方で、そんな規則からちょっとずつズレているのを見つけるのもまた、自然界の面白さだと私は思います。
 ちなみに、「パスカルの蝸牛形」というのもあるそうです。

パスカルの蝸牛形.gif

 「蝸牛」とはずばり、かたつむりのこと。ただし、残念ながらこれ、うずまきではないのです。 興味のある方は「パスカルの蝸牛形」でググってみると出てきますよー。

第22回 外に出てマイマイをさがそう!(2020年3月)

かたつむりをさがしに、散歩に出てみませんか?
昨年秋の「ふくおかマイマイさがし」の実施期間は終わってしまいましたが、新型コロナウイルスの影響でイベントごとが中止になり、博物館なども閉まってしまい、家にこもってばかりで退屈な思いをしている方も多いのではないでしょうか。
そんな今こそ、外に散歩に出て、かたつむりを探してみましょう。

sgs1.jpg

●マイマイさがしの6つのポイント

1.住宅地や市街地にもいる「ふくおかマイマイさがし」でもっとも報告が多かった場所は、住宅地です。「近くでは見かけたことがない」という方も、意外と気づいていないだけで、探してみたらいるかもしれません。都会過ぎてかたつむりなんて見たことない!という方も、あきらめてはいけません。天神の中心部でも、花壇にはウスカワマイマイというかたつむりがいるんです。キセルガイという細長いかたつむりのなかまや、ナメクジのなかまは特によく見つかります。


2.自然のある神社や公園も公園はもちろん、神社には自然がそのまま残っていることが多く、ツクシマイマイやコベソマイマイなどの大型のかたつむりがよく見つかります。自然度が高いところは理想的ですが、都市公園でも、花壇などに隠れているかもしれません。


3.ブロック塀は要チェックカルシウムを補給するため、かたつむりは雨の日のブロック塀によく集まります。庭のある民家の周囲や、あじさいなどの緑の植えられた道沿いのブロック塀で見かけることが多いです。


4.ガードレールの食べあとチェックガードレール表面にはたくさんの藻類が生えていて、かたつむりやなめくじが食べた痕跡がよく目立ちます。食べあとを観察するだけでも楽しいですが、食べあとがあるということは、近くにいるのかも?!


5.朽ち木や石をめくってみよう雨の日なら見つかりやすいですが、晴れているときなどは、何も見つからないかもしれません。そんなときは、いろいろめくってみましょう。朽ち木や石などをめくると、かたつむりやナメクジが隠れています。キセルガイなどもよくいます。


6.今なら卵もあるかも今の時期なら卵もあるかもしれません。ナメクジの卵は透明で、かたつむりの卵は白い殻があります。直径3〜5ミリくらいのまんまるの卵が、数十個まとまっています。

sgs2.jpg

●見つかったらやってみよう

1.その場で観察見つかったら、その場で観察するのが基本です。殻から出てこないようなら、霧吹きなどで湿らせてましょう。そのまま気長に待っていると、顔を出してくれるかもしれません。(顔を出さなくても、おこらないでね)

透明の下敷きなどがあれば、乗せてみるのもオススメです。おなか側から見て、もぐもぐしている口を見たり、どうやって移動しているのか観察したりすると楽しいです。


2.調べてみる『カタツムリハンドブック』(後述)などを見て、種類を調べてみてもいいですね。カタツムリはとても種類が多く、同じ種でも変異が大きいので、判別はけっこう難しいかも?


3.飼ってみる飼育ケースにキッチンペーパーなどを敷いて、霧吹きなどで湿らせます。エサは野菜くず。いろいろあげてみて、何をよく食べるか調べてみましょう。キノコも食べるかも?また、殻の栄養となるカルシウムも必要なので、卵の殻やカトルボーン(イカの甲)を忘れずに。
耳を澄ますと、野菜を食べている音も聞こえてくる……かも?かたつむりのフンの色は、食べたものの色がそのまま出てきます。掃除は、なるべくこまめにするようにしましょう。

sgs3.jpg

●オススメかたつむり本
4つかたつむりに関するオススメの本を紹介します。

1.武田晋一・西浩孝『カタツムリハンドブック』(文一総合出版)数少ないかたつむり専門の図鑑です。しかも、標本写真ではなく、生体の写真を使っているので、体全体の様子がわかって良いです。これに載っていないかたつむりも多いですが、まずは入門書としておすすめです。

2.いとうせつこ・島津和子『あかちゃんかたつむりのおうち』(福音館書店)幼児にオススメなのは、こちらの絵本。かたつむりの糞のことや、成長の仕方がかわいくておもしろいです。

3.エリザベス・トーヴァ・ベイリー『カタツムリが食べる音』(飛鳥新社)こちらは大人向け。難病に苦しむ筆者が、かたつむりに出会い、絆を深めていくノンフィクションです。

4.野島智司『カタツムリの謎』(誠文堂新光社)最後に、拙著です!カタツムリの生態をさまざまな角度から紹介しています。すべての漢字にはふりがながついています。

●注意点
最後に一点だけ。かたつむりには、広東住血線虫という寄生虫がいることがあります。アフリカマイマイという外来種とナメクジ、スクミリンゴガイ(ジャンボタニシ)では特に注意が必要です。かたつむりに触れた後は、顔などに触れないようにして、石けんでよく手を洗いましょう。(新型コロナ対策と、おなじですね)

第21回 マイマイマイ (2020年2月)

兵庫県豊岡市にコウノトリ米、正式には「コウノトリ育むお米」というお米があります。コウノトリの野生復帰のために考案された「コウノトリ育む農法」で作られたお米です。

福岡県でも、たまにコウノトリがやってきて話題になることがありますね。生息環境の悪化により昭和46年に野生絶滅したコウノトリが、平成、令和の日本の空を舞っている背景には、この「コウノトリ育むお米」の存在があります。

環境悪化で絶滅したコウノトリの野生復帰を成功させる上で必要なことは、コウノトリが育つ環境を取り戻すことです。そこで考えられたのが、田んぼのあり方を変えること。無農薬や減農薬で、冬にも水を張る田んぼがあれば、コウノトリの食料となるドジョウやカエルなど、多様な生物が育ちます。そうした田んぼがあれば、コウノトリも食べ物に困りません。

「コウノトリ育むお米」は、そのようなコウノトリの食べる生き物が育つ農法で作られたお米。つまり、「コウノトリ育むお米」は、食べるとコウノトリの野生復帰を支えることにもなる、ある種のブランドというわけです。

nj1.jpg
※コウノトリは写っていません

そんなお米を参考に、かたつむりでも何かできないかなぁとぼんやり考えることがあります。理由は何より、語呂がいいからです(!)だって、たとえばツクシマイマイを育むお米だったら、ツクシマイマイまい(米)になるわけですよ。つまり、マイマイマイになるわけです。

ただ、ツクシマイマイと田んぼは直接的には関係が薄いので、ツクシマイマイ米というのは、ややこじつけなのが現実。むしろ田んぼなどの水辺にかかわりが深い種類は、オカモノアラガイのなかまです。

福岡には、ナガオカモノアラガイという種が生息しています。ナガオカモノアラガイは、環境省のレッドデータブックで準絶滅危惧、福岡県のレッドデータブックで絶滅危惧U類に指定されているので、生息環境を守る必要性も高いです。これは、マイマイ米にぴったりなマイマイかもしれない…!なのですが、名前に「マイマイ」がつかないので、肝心の「マイマイ米」という語呂の良さが活かされません。同様に、ヒメオカモノアラガイというのもいますが、やはりマイマイがつきません。
うーん、なかなか良い案が浮かびません。

nj2.jpg
ナガオカモノアラガイ

こうなったら、オカモノアラガイ類を含めた多様なかたつむりを大切にする農法として、「マイマイ米」にしてしまうのはどうでしょうか。

・農薬を極力使わない
・オカモノアラガイ類の好むエコトーン(水際のこと)を維持している
・冬も水を張っている

そんな農法を実践し、かたつむりの生息地となっている田んぼで作られたお米を「マイマイ米」として認定する、という感じでしょうか。地域名をつけて、「ふくおかマイマイ米」「いとしまマイマイ米」という感じでもいいかも。

いやいや、そんなブランド化の前に、私のお米「myマイマイ米」づくりから始めようかな。マイマイが育ち、昼は鳥が舞い、夜はコウモリが舞う。そんな私のお米だから、マイマイマイマイマイマイ…。


【参考】「コウノトリ育むお米のひみつ」https://www.city.toyooka.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/004/053/okomenohimitu.pdf

第20回 かたつむりと鳥とカルシウム(2020年1月)

昨年末ごろ、我が家に宿泊中のかたつむりたちが産卵しました。卵を産んだのは、コハクオナジマイマイと、ツクシマイマイの2種。本来は土の中に産むのですが、土を入れていなかったので、濡らしたキッチンペーパーの下に産んでいました。
気づいてから、そーっと卵を移動させて、コケといっしょに観察しています。それから数日後、一斉に…ではなく、ぱらぱらと孵化が始まり、今も次第に赤ちゃんが増えています。とってもかわいいのですが、あまりに小さいので、飼育ケースの掃除ができずに困ってもいます。

sy1.jpg

かたつむりの卵はこんなふうに白いものが多いです。飼育ケースの中を見ても、割れた卵の殻はほとんど見つかりません。生まれたかたつむりが自分で食べて、殻の栄養にしているのでしょう。かたつむりの赤ちゃんは、卵殻のわずかなカルシウムも有効利用しているのです。

ちなみに、なめくじの卵の場合はたいてい透明です。カルシウム節約のために貝殻を退化させただけでなく、卵殻も退化させたのでしょうか。

sy2.jpg

ところで、卵は卵でも、私たちにとってなじみ深いのは、鶏卵に代表される鳥の卵です。鳥類の卵も、かたつむりの卵と同じように、白い殻で守られています。鳥類の卵殻の主成分もまた、カルシウムです。まったく違う生きもののようで、卵は意外と似ています。

一方、かたつむりの天敵として代表的な生きものと言えば、それも鳥類です。なぜ鳥類がかたつむりを好んで食べるかと言うと、かたつむりの殻にカルシウムが豊富に含まれているからです。
鳥類の多くはカルシウムの大部分をかたつむりから得ていると言われています。実験的に森林土壌のカルシウム分を調節して、カマドムシクイという鳥の繁殖を調べた研究によると、土壌のカルシウム分が高い方が、繁殖密度や卵の数、繁殖回数が多くなったそうです。土壌のカルシウム分がかたつむりの生息に影響を与え、それがカマドムシクイの卵形成に影響を及ぼしていると推測されています。産卵期の鳥類は、卵生成期の爬虫類や妊娠期の哺乳類に比べ、10〜15倍のカルシウムを必要とするんだとか。

sy3.jpg

空を飛ぶ鳥は動きが俊敏で、一見するとかたつむりとは無縁の存在にも思えます。でも、カルシウムという軸で見ると、切っても切れない深い関係にあるんですね。
そういえば、人間の嗜好も、傍目にはわかりにくいことがありますね。「この人、どうしてかたつむりなんかが好きなんだろう」なんて思っていませんか。もしかするとカルシウムのような、一見してもわからない大切な何かが、その人を深く惹きつけているのかもしれません。

【参考文献】Graveland et al. 1994. Poor reproduction in forest passerines from decline of snail abundance on acidified soils. Nature. 368: 446-448.堀江明香 2014. 特集:鳥類における生活史研究 総説 鳥類における生活史研究の最新動向と課題. 日本鳥学会誌, 63(2): 197-233.

第19回 ヤマナメクジ(2019年12月)

ヤマナメクジというナメクジをご存知ですか?
体長15〜20cmにもなる、茶色くて大きなナメクジです。福岡の住宅地では見かけませんが、山間部ではしばしば見かけます。

私は幼少期を大分県の竹田市、それも竹田市のさらに山手の荻町の奥地で過ごしました。そこでもっともなじみ深いナメクジが、ヤマナメクジでした。家の周辺でも見ましたし、きのこを好んで食べるので、栽培していたシイタケを収穫するときにも見かけました。

ymn.jpg

一般に、ナメクジは塩をかけると「とける」と言われています。ナメクジを見つけて、実際に塩をかけたことがある人は多いでしょう。
やってみずにはいられないのが、子どもというもの。ご多分に漏れず、私たち兄弟も子ども時代にナメクジに塩をかけました。ただし、その相手は大きなヤマナメクジでした。
そのとき、ちっとも「とけた」という印象はありません。ただ、粘液を大量に出していたことは覚えています。実際、塩をかけても浸透圧の関係で細胞内の水分が体外に出てしまうだけで、「とける」わけではないのです。細胞が壊れてしまうので、水をかけても元には戻れず、死んでしまいます…。今から考えると、そのときのヤマナメクジは懸命に粘液で塩を洗い流していたのだろうなぁと思います。

……そんな黒歴史もあり、成長したヤマナメクジは大きく立派な風貌なので、今ではなんだか呼び捨てにすることさえおこがましく「ヤマナメクジ様」とあがめたくなります。

ymnk.jpg

一方、ヤマナメクジも幼い頃は見た目が違います。なんだか明太子のような姿。
糸島にある妻の畑には、このヤマナメクジのこどもがよくいます。実はこれがヤマナメクジのこどもだと知ったのは、つい数年前のこと。ナメクジの専門家の方に伺うまで知りませんでした。成長したヤマナメクジはよく見知っていたのに、こどもナメクジに見覚えがなかったのです。「ただのナメクジ」として、印象に残らなかったのかもしれません。一方、最近は畑でヤマナメクジのこどもをよく見るものの、畑でおとなのヤマナメクジを見ることはありません。

そのせいか、私はこれがヤマナメクジのこどもなのだということを知った今でも、なんだか腑に落ちていないようなところがあります。冒頭に「ヤマナメクジというナメクジをご存知ですか?」と書きましたが、この記事を読んで「ヤマナメクジを知っている」と言えるかどうかは微妙ですよね。自分で見たり、触れたり、やってみたり、実際に体験して初めて納得できることってたくさんあります。

そんなわけで、現在、このこどものヤマナメクジを飼育してみています。うっすらヤマナメクジっぽい模様が出てきて、今後の成長が楽しみです。

第18回 かたつむりの居場所(2019年11月)

「かたつむりって、やっぱり減ってるんですか」よく聞かれることの1つです。
実際に「かたつむりを見なくなった」とおっしゃる方も少なくありません。

kta1.jpg

大人は子どもに比べて目線が高かったり、自然に触れる機会が減る傾向にあるために、かたつむりを見なくなるという面があります。というのも、実際にはウスカワマイマイのように、都市部の花壇などの植え込みに、土に紛れて移動しながらあちこちで繁殖しているかたつむりもいるし、オオクビキレガイのように移入種として生息地を広げているかたつむりもいるからです。そんなわけで、一概に「かたつむりが減っている」とは言えません。

ただし、多くの種で、かたつむりが減少していることは事実でしょう。それは、生息環境、いわば「かたつむりの居場所」が、失われているからです。

kta2.jpg

私の暮らすまちの周辺も、急速に土地開発が進んでいる印象です。8年前に暮らし始めた当初には残っていた草地や広場が、どんどん宅地や駐車場に置き換わっています。さみしく感じる一方、私が今住んでいる家だって、かつてはかたつむりが暮らしていた場所に建てられたのかもしれないと思うと、複雑な気持ちです。

以前はいつもかたつむりがいた場所でも、ある時からなぜか見なくなってしまったということがあります。それはもしかすると、殺虫剤や農薬によるものかもしれません。

人の暮らすまちでは、何でもない草地や何でもない林など、意味のあいまいな場は失われていくように思います。逆説的ですが、意味のあいまいな場にもちゃんと意味をつけていかないと、こうした流れには逆らえないのかもしれません。

kta3.jpg

近所にある、舗装されていない、あじさいの植えられたこの細道が好きです。雨の日に歩くと、いつもかたつむりがいます。

私は遠回りしてここを通るのが好きです。かたつむりの居場所がなくなるということは、私の好きな場所も、なくなっていくということです。

第17回 はう 後編(2019年10月)

ふだんは足の裏だけで、それもたいていは靴下や靴を通して、間接的に世界に触れている私たち。ヘビはウネウネ、ミミズは伸び縮みしながら、からだのところどころを地面にひっかけながら移動します。一方、かたつむりは、からだ全体をぺったりと地面にくっつけたまま。いったいどのように移動しているのでしょうか。

はう後写真1.jpg

かたつむりやサザエなどの巻貝は、軟体動物の中でも「腹足類」というグループに含まれます。文字通り、おなかの部分が接地して、「足」としての機能を果たしているのです。透明なアクリル板などにくっつけて、かたつむりの移動を裏側から観察すると、波状に黒っぽい線が動いていくのがわかります。(写真ではちょっとわかりづらいですが…)

はう後写真2.jpg

ミミズには、地面にひっかかる剛毛がありましたが、かたつむりには剛毛などありません。代わりに役割を果たすのが、軟体部(からだ)をおおっている粘液です。

じつは、この粘液が、あなどれません。粘液は特殊な性質を持っていて、あるときには滑りを良くしたり、あるときには粘着力を発揮したりします。それが移動のときに欠くことができない大切なものなのです。

からだと地面のあいだに粘液が入っていることで、自然に摩擦力が変化して、ある部分では摩擦が生まれ、ある部分ではすべりが良くなって、足波が自然と前進する力に変わるのです。すべすべしたり、ねばねばしたり、相矛盾するような気もして、にわかには理解しがたいところもあります。こうした性質を粘弾性と言います。ねばねばの力はなんとも不思議です。

はう後写真3.jpg

かたつむりは、この移動様式のおかげで、複雑な環境を自由自在に移動することができます。細いツタを伝ってさかさまになっても大丈夫。バラ科のトゲもなんのその。探してみると、高い木の上にもいたりします。

シンプルなようで奥が深い「はう」という移動様式。もしも人間がかたつむりのように縦横無尽に動くことができたなら、環境もずいぶん違うでしょうね。壁も歩けるし、天井も歩けるから、狭い土地でも広く活用できます。

鳥になって空を自由に飛びたいという人がよくいますが、意外とオススメなのは、かたつむりになることかもしれません。空中では翼が休まりませんが、かたつむりは壁や天井にくっついたまま、殻にこもって眠ることもできるんですから…。

 

【参考文献】岩本真裕子(2016)腹足類の這行運動に見る運動メカニズムと制御 応用数理 Vol.26(2) 14-21.

第16回 はう 前編(2019年9月)

かたつむりは「はう」ことで前進します。人間も、生まれたばかりの頃は「はう」ことで移動します。
人間は、最初はズリズリと腹ばいで移動するようになって、やがてハイハイで移動するようになります。そして、つかまり立ち、伝い歩きを経て、歩けるようになります。(うちの子はハイハイが遅く、順番通りではありませんでしたが……。)人間の場合、「はう」と言っても、あくまで手や足の力によってはっています。

では、手足もないかたつむりは、どうやって「はう」ことができるのでしょうか。
陸上生活をする手足がない生き物は、かたつむりのほかにもいます。代表的なのが、ヘビ、そしてミミズです。

hebi.jpg

ヘビは、からだをウネウネとくねらせることで移動します。とは言え、ただウネウネするだけで前進できるわけではありません。試しに、自分の指を小さなヘビだと思って、ウネウネさせて前進してみましょう。きっと、指先を地面に押しつけつつ、ほかの部分を地面から浮かせないと、前進しませんよね。

基本的には、ヘビもそれと同じです。ヘビが前進するときには、からだの一部を地面にくっつけつつ、残りの部分を地面から浮かせています。からだの接地させる部分と浮かせる部分をうまく変えながら、ウネウネして前進しているのです。

はって移動するために、からだの一部を接地して固定することを、「アンカーリング」と言います。

mimizu.jpg

ミミズもヘビとは違うやり方で、アンカーリングをしながら移動しています。
ミミズのからだにはたくさんのスジがあり、体節という節に分かれています。ビーズが連なったようなイメージで捉えると、一つ一つのビーズに相当するのが、体節です。この体節が、とっても大切なんです。(※笑うところ)

ミミズは一つ一つの体節が伸び縮みしていて、縮んだ体節は太くなります。体節には小さな剛毛が生えているので、縮んで太くなった体節は地面にひっかかり、そこでしっかりアンカーリングできます。一方、伸びた体節は細長くなり、地面から浮くことになります。
伸び縮みは前から後ろへと波のように流れていき、その流れにしたがって、ミミズは前進することができます。これだとヘビのようにS字にウネウネしなくても前進できるので、土の中も移動しやすいですね。


さて、問題はかたつむり。透明なケースなどでかたつむりの裏側を見ると、かたつむりはからだ全体をピッタリと地面などにくっつけています。見た感じ、浮いている部分があるようには思えません。ヘビやミミズとは、ちょっと事情が違いそうですが、どうなのでしょうか。

 

長くなったので、また次回、かたつむりがどのように「はう」かについて、考えます。

第15回 赤ちゃんはかわいい(2019年8月)

赤ちゃんはかわいいです。

我が子となればなおさらですが、一方で人間の赤ちゃんに限らず、猫や犬、あるいはゾウやキリンでも、カメでもヘビでさえも、赤ちゃんはかわいいと感じます。

動物行動学者のコンラート・ローレンツは、1943年にベビースキーマ(Kindchenschema)という概念を提唱しました。ベビースキーマとは、人間の赤ちゃんや幼い動物のもっている、「かわいい」と感じさせる身体的な特徴です。ベビースキーマをもつものはかわいらしく、私たちはつい攻撃を控え、接近して、養育したり、保護したりしたくなってしまうというのです。


noji1908-2.jpg

さてここで、強烈にかわいい、赤ちゃんかたつむりのことを考えてみましょう。ベビースキーマとされる要素は、次のようなものです。

1.身体に対して大きな頭
2.前に張りだした広いおでこ
3.顔の中央よりやや下に大きな目がある
4.手足が短くて太い
5.全体に丸みがある
6.体表面がやわらかい
7.ほおがふっくらしている

赤ちゃんかたつむりには、ベビースキーマが当てはまるでしょうか。当てはまるものもあるにはありますが……、もはや「おでこはどこ?」「ほおはどこ?」「頭はどこまで?」「顔はどこまで?」というレベルです……。

さらには、一般に「気持ち悪い」とされるナメクジでさえ、赤ちゃんはかわいいのです。(ですよね?)

noji1908-1.jpg


しかし、かたつむりやナメクジの子が、人間からかわいく見えるように進化してもさほど意味はありません。子育てをしないナメクジやかたつむりが、彼らにとってかわいくある必要もないです。よっぽど「ナメクジの子が可愛いから駆除をやめる」という人間が続出していれば別ですが、そんな話は聞いたことがありません。
それでも、赤ちゃんはかわいいと感じてしまうなんて、生き物としてはどうにも不思議です。

うーん。人間って、変な生き物です。
(いや、そもそもナメクジまでかわいいと思うのは、私だけ……?!)

第14回 ぬるぬるねばねば (2019年7月)

かたつむりやなめくじの体は、ぬるぬる、ねばねばの粘液でおおわれています。
彼らの体には、どうしてそのような、ぬるぬるねばねばの粘液が必要なのでしょうか。

理由は1つではありません。
ざっと思いつく、主な理由を挙げてみます。

▼体の水分が逃げないようにする
陸上に進出した貝類であるかたつむりにとって、乾燥は大敵です。
水分は、空気中に蒸発してしまうこともあれば、乾燥した地上に浸透してしまうことも
あります。粘液があることで、水分が蒸発しくいように、浸透しにくいようになります。

▼陸上を移動しやすくする
かたつむりは這う時に、粘液をうまく利用しています。そのため、這ったあとは粘液だけが
きらきらと残されます。
かたつむりの這い歩くメカニズムは、それだけで論文が書けてしまうほど謎めいています。
いずれにせよ、地上をすべるように移動できるのも、壁や葉っぱの裏側などにもぴったり
くっついて移動できるのも、ぬるぬるねばねばした粘液の性質のおかげなんです。

▼外敵などから逃げる
外敵におそわれたときなどには、多量に粘液を分泌します。
このため、なめくじをピンセットなどの道具でつまもうとしても、つるつるすべってしまい
ます。

1907写真1.jpg

くっつけたり、すべらせたり、それ自体ふしぎな性質がある粘液。
粘液には酵素なども含まれていて、傷を修復したり、雑菌から身を守ったり、汚れを
つきにくくしたり、上で紹介した以外にもさまざまな役割があると考えられています。
けれど、こうした粘液の機能は、人間にとってもなじみのあるものです。
目や鼻などを乾燥から守ったり、異物が入らないようにしているのも、粘液です。
口や消化管の内側も、粘液でおおわれています。粘液がなければ、胃は自分の胃酸で
溶けてしまいます。

もっとも、人間は歩くときに粘液は不要です。
そしてもうひとつ、かたつむりならではの、粘液の大事な役割があります。
それは、殻のフタとしての役割です。

1907写真2.jpg

かたつむりは休眠するとき、殻の出入り口に粘液の膜を張ります。
この粘液は、水分が蒸発するとエピフラムと呼ばれる白い薄膜に変化します。
このエピフラムが、殻のフタになるのです。
(エビフライではありませんよ。エピフラムです)
このエピフラムには接着力があるので、壁や木の枝、葉の裏などにくっついたまま、
休眠することができます。
冬眠など、長期の休眠の際には、さらに何層もエピフラムを張って、乾燥から身を
守ります。

1907写真3.jpg

さらに言えば、かたつむりの粘液の機能は、人間生活にも応用されています。
エピフラムは強い接着力のある一方、水に濡れるとすぐにやわらかくなり、
きれいにはがせます。この特徴を生かした接着剤が開発されているそう。
また、かたつむりの粘液を使った化粧品もあるというから驚きです。
(効果のほどは定かではありませんが、保湿力はありそうです)

ぬるぬるねばねばは、かたつむりやなめくじが嫌われてしまう理由の1つでも
ありますが、かたつむりにとっては生死に直結する大事なものです。
その点、どうかご理解いただければと、かたつむりを代理して、お願い申し上げます。

第13回 ツノ (2019年6月)

2歳の息子は、親しい人との別れ際に「バイバイ」ではなく「タッチ」をしたがります。
触れるということに何か特別な価値があると、子どもなりに感じているのかもしれません。

かたつむりにとっても、触れるというのは重要な行為です。
周辺環境についての情報を、おもにツノ(触角)で触れることで得るからです。
ツノの役割は、凹凸などの触覚を感じるというだけではありません。
「見る」「味わう」などのさまざまな感覚もまた、ツノで触れることで得ています。
かたつむりにとってツノは、ヒトにとっての手足であり、目であり、鼻であり、口でもあるのです。

写真1.jpeg

かたつむりのツノは、頭部にある大きな2本と、口元にある小さな2本の、計4本。
それらのツノをくねくね動かすことで、障害物や食べ物をはじめ、身の回りのいろいろな
情報を得ています。

ツノの代表的な機能は、周囲に触れて、身の回りの物理的な形状を知ること。
私たちが暗闇を手さぐりで歩くように、ツノをくねくねと動かすことで、障害物を発見し、
歩きやすいルートを探ることができるのです。
そして、ツノは嗅覚や味覚の感覚器でもあります。

おもに口元の2本のツノで、匂いを感じたり、触れて味わったりします。
さらに、頭部の大きな2本のツノには、先端に「眼点」と呼ばれる感覚器があります。
「眼点」はヒトで言う眼に相当する感覚器ですが、ヒトの目のように、身の回りの状況を
ぱっとつかめるようなものではありません。おそらく明るさの強弱がわかる程度。
私たちが目で見て世界を知るように、かたつむりはきっと、ツノで触れることで世界を
知ります。

さまざまな感覚器のついたツノを、くねくねと動かして世界に触れることで、かたつむりは
身の回りの世界を描いているのです。
ちなみに、かたつむりには人間の耳に相当する聴覚の器官がありません。
とは言え、もしかすると「肌感覚」で、空気の振動も多少は感じることができるのかも
しれません。


写真2.jpeg

私たちは主に目で見るということを通して、世界を描いています。
けれど、触れるという行為は、人間にとってもまた重要です。
きっと私がかたつむりを好きになった理由のひとつは、幼いころにかたつむりに触れて
遊んだからです。
私たち人は、心が発達した生きものです。同時に、心と体は分かちがたいほどに
結びついています。感情で表情が変化することはもちろん、緊張すると手に汗をかいたり、
嘘をつくときに無意識のうちに口元を手で隠していたり、心の動きと体の動きはいつも
共鳴し合っています。

そして、大事な人に手を握ってもらうと安心するように、体の感覚を通して、心も動きます。
つまり、私たちにとって体に触れるということは、同時に心に触れることでもあると思うのです。
触れるということは、もしかすると、感覚のまったく異なるかたつむりと人間が互いに心を
通わせられる(ほぼ唯一の)貴重な手段なのかもしれません。

※ちなみに、かたつむりに毒などはありませんが、広東住血線虫という海外から
来た危険な寄生虫がいるおそれがあります。触れた後には手洗いをしましょう。

第12回 時間感覚 (2019年5月)

かたつむりが好きな私は、よく「おっとりしてる」などと言われます。
それは、かたつむりと私の共通点のひとつです。
私がかたつむりに似てきたのかもしれませんし、そんな私だから、
かたつむりを好きでいるのかもしれません。

かたつむりの時間感覚って、どうなっているのでしょう。
確かに、かたつむりはゆっくりと動くもの。
スローライフの象徴のような存在です。
かたつむりの時間感覚は、やっぱりゆっくりしているのでしょうか。

写真1201905.jpg

時間感覚に関係があると考えられるのが、生き物それぞれの「時間分解能力」です。

たとえば、私たちが日常的に使っている蛍光灯の光。
蛍光灯は実際には高速で点滅していますが、それを点滅していると
感じることはありません。 これは、蛍光灯の光の点滅のスピードが
あまりに早すぎて、人間の 時間分解能を上回っているから。
一方、蛍光灯の点滅のスピードをゆっくりにしていくと、
だんだんちらちらする点滅が気になるはずです。
点滅するスピードが人間の時間分解能力より小さいと、
点滅が気になってしまうのです。

時間分解能は、生物種によって異なります。
ユクスキュル(1864ー1944)というドイツの生物学者の実験によれば、
かたつむりは1秒間に4回の振動までは感じとることができるけれど、
それ以上に細かい振動になると、振動を感じることができないそうです。
一方、たとえばミツバチは、人間よりも5倍ほど高い時間分解能力を
持っているとされています。
人間にはわからない細かい翅の動きなども、感じ取れるのかもしれません。

写真2201905.jpg

時間分解能力が高い生き物ほど、周囲のものの動きをゆっくりと
感じられ、時間分解能力が低い生き物ほど、周囲のものの動きが
早く感じられるということが想像できます。
たとえば、時間分解能が低い生き物では、周囲のものが素早く
動いているように感じるというわけ。
ハエを叩こうとしてもすぐに逃げられてしまうのは、
ハエの時間分解能力が人間よりとても高いから。

もしこれが正しければ、かたつむりは周囲のものに対して
「ずいぶん速く動くなぁ」と感じているかもしれません。

とはいえ、人間がほかの生きものになることはできないので、
想像でしかありません。

かたつむりも急ぐことがあります。
危険を感じたときなどは、すばやく引っ込むのみならず、
移動が速くなることもあります。
そんなときは、自分がゆっくりだなんて、ちっとも思って
いないでしょう。
「あー、あせったー! 急いだから、ギリギリセーフだった!」
なんて瞬間もあるかもしれません。

きっと人間だって一人ひとり一人時間感覚が違いますし、
あるいは一人の人間でも状況によって、時間感覚が異なります。

私はきっと、人間の中ではゆっくりな方です。
そして、私自身も、慌てることもあるし、のんびり過ごすこともあります。
楽しい時間はあっという間に過ぎるし、苦痛なことはいつまでたっても
時間が過ぎないように感じます。

多様な生き物たちが、多様な人たちが、それぞれの異なる時間を感じながら、
今の瞬間を重ねている。
そう思うと、人との出会いも、生き物との出合いも大切にしたいなぁと思います。

第11回 フンのはなし (2019年4月)

かたつむりの面白い特徴のひとつは、そのフンにあります。
飼育したことのある方ならきっとご存知かと思いますが、かたつむりは、
赤いトマトを食べれば赤いフンを、緑のホウレンソウを食べれば、緑色の
フンをします。
かたつむりは植物の色素を分解できないので、食べたものの色がそのまま
フンの色になるのです。

1904写真1.jpg

一方、人間には、植物の色素は分解できるものでしょうか。
乳幼児が家にいると、うんちをじっくり目にすることがよくあります。
おむつ替えのとき、2才の息子にうんちの色を質問すると答えてくれます。
「えーっとねぇ……、ちょっとちゃいろで、ちょっとあかいろ!」 そして、
「あかいろはー、えーっとねぇ、にんじん!」
などと元気に教えてくれたりもします。 うんちに食べものの色が反映されるの
だから、かたつむり同様、人間も色素が分解できないのでしょうか。

いや、そんな実感に反して、人間は植物の色素を消化、吸収できます。
ただし、多くの色素は消化され、吸収されるか、尿として排出されますが、
一部は消化しきれずに残ります。まして乳幼児であれば消化管も未熟ですから、
色素どころか、食べたものがそのまま出てきたりもするのです。
だから、幼児のうんちには、食べたものの色が反映されるのでしょう。
出てくるものに、食べた物の色が反映される。
乳幼児とかたつむりの、ちょっとかわいい共通点だと思うのは、私だけでしょうか。

1904写真2.jpg

ところで、かたつむりは色素を分解できない一方、植物の繊維(セルロース)は
消化して栄養にしています。本来、セルロースという成分は炭水化物に当たり、
エネルギーのかたまりです。しかし、人間は繊維まで消化することはできません。
かたつむりはセルラーゼというセルロースを分解する酵素を作ることができるので、
植物の葉っぱばかり食べていても、エネルギーが効率よく吸収できるのです。
かたつむりは植物ばかり食べて健康的な食生活に見えるかもしれませんが、
案外、炭水化物をたっぷりとっているのです。
米ばかり、パンばかり、麺ばかり食べている誰かと、案外似たようなものかもしれ
ません。

ちなみに、かたつむりのフンにはもう1つ、おもしろい特徴があります。
いつもフンがきれいに折りたたまれているのです。
手足のないかたつむりがどうやって折りたたんでいるのか、考えてみると
不思議ではありませんか。機会があればぜひ、観察してみてください。

1904写真3.jpg

第10回 少しずつ違って 少しずつ同じ (2019年3月)

かたつむりは多様です。
何せ日本だけで800種ものかたつむりがいるのです。
軟らかい体があって、ツノがあって、殻がある。
基本的なかたつむりの構成要素はみんな同じです。

そのなかに、殻の直径が5センチほどの大きなかたつむりもいれば、
おとなでも2ミリほどの小さなかたつむりもいます。
角ばった殻もあれば、とんがった殻もあります。
毛の生えた殻もあれば、殻の退化したなめくじだっています。

種ごとの違いだけではありません。
同じツクシマイマイという1種のかたつむりでも、個体ごとに違いがあります。

たとえば殻。
さまざまに異なる「色帯」と呼ばれる模様があります。
明るい白色の殻をもつものもいれば、殻全体が色濃く見えるものもいます。
みんな同じかたつむりなのに、少しずつ違うのです。

1903写真1.jpg

生きものの多様性。 それは本来、グラデーションです。
本当は境界のない虹の色を、赤、橙、黄、緑、水色、青、紫の7色と
みなすように、種と種の違いは、それぞれ誰かが名前を付けたというだけ。
同じ黄色に無数の黄色があるように、種の内側にも、ときには種と種のあいだにも、
たくさんのバリエーションがあるのです。
そう思うと、生きものの多様さが、また違って見えてきます。

1903写真2.jpg

最近は「多様性の時代」なんてことが言われています。
あまのじゃくな私は、多様性を強調されると、共通性も大切にしたくなります。
多様さを強調すればするほど、ヒトとかたつむりではなんだか天と地ほどに
かけ離れているように思えてしまいます。

でも、40億年もの途方もない時間をかけて多様化した生物は、どんなに離れた
種であっても、共通の祖先がいます。必ずどこかに、共通性があるのです。
共通性もまた、多様性と同じくらい、素敵なものではないでしょうか。
私たちはみんな、どこかで同じ要素を共有し、今を生きている生命体なのです。

1903写真3.jpg

同じだけど、違う。
違うけれど、同じ。 「ヒトとかたつむりにも、意外と同じところがあるのでは?」
そんな想いを抱きながら、すぐそばにいる異なる相手のことを、もっともっと知りたい
と感じてしまう私です。

第9回 いろいろな世界(2019年2月)

私はかたつむりが好きなので、下を向いて歩くことが多いです。
(いや、下を向いて歩くことが多いから、かたつむりが好きになったのかも?)
一般に、何か嫌なことがあると、ヒトはうつむいて歩く傾向にあります。
そういうネガティブな気分の時に、好きな生き物を見つけて気持ちが穏やかに
なれるって、なかなか良いことだなと思います。

一方、たとえば鳥が好きな人は、もしかすると上を向いて歩く方が多いのかも
しれません。
嫌なことがあったときも、大好きな鳥を見たいがために顔を上げられると考えれば、
それもそれで悪くないですね。

ヒトはそれぞれ、見ているものも、歩くペースも、目の高さも、興味の方向性も
違います。
そんな違いがあることが、いいなと思います。

1.jpg

タイプの異なるヒトといっしょに歩くと、それまでまったく気づかなかった存在
と出会います。
いっしょに歩くヒトが何かの専門家であれば、新たな発見だらけになることは
明らかですが、特に専門家でなくとも、ただ視点が違うヒトといっしょに歩く
というだけで、いつも何か新たな発見があります。

象徴的なのが、子どもと歩くとき。
ウチの子は2才半。ちょこまかと歩き回ります。

最近の生活で特に気づくのは、身の回りにいかに水たまりが多いかということ。
水たまりがあると、ためらいなく入る息子。長靴をはいているかどうかなんて、
関係ありません。というか、長靴をはいていても、中まで水が入り込むほど、
ビチャビチャと遊びます。

それから、小さな穴や隙間の存在にも敏感です。
狭くてとても通れないところも通れるかどうか確かめずには気が済まないし、
地面の穴には、石ころを落とさずには気が済みません。

私よりも早く、カエルの卵塊の存在に気づいたこともあります。

たとえ同じ個人でも、子どものころと今とでは、見ている世界が変わります。
感情の状態でも変わります。かなしいとき、うれしいとき、たのしいとき、
ねむいとき、それぞれ見える世界は変わります。


写真2.jpg

同じヒトでこれだけ違うのだから、種が異なる生き物の世界はもっと多様です。
見える広さも、視力も、色も、私たちヒトには想像できないほど多様です。
そもそもコウモリのように視力に頼らない生き物もいます。
いったいどんな風に世界が見えているのでしょう。

のんびりで、人見知りな私は、きっと見過ごしているものもたくさんあります。
さまざまな人と歩くこと、そしてさまざまな生き物のことを知り、想像することが、
私の世界を広げてくれます。
いろんな見方に気づき、大切にできるように、生きていたいものです。